VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載 画像 VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載

海外進出

フォルクスワーゲングループが米国だけでなく、欧州でも排出ガス規制を不正に逃れるために、車両に違法なソフトウェアを搭載していた問題。ドイツ政府は、この問題について、最新の調査結果を公表した。

これは9月25日、ドイツ政府のアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相が議会で明らかにしたもの。「ドイツ国内で販売されたフォルクスワーゲングループ車のおよそ280万台に、違法なソフトウェアが搭載されていた」と公表している。

9月22日のフォルクスワーゲングループの発表では、違法なソフトウェアは、全世界のおよそ1100万台に搭載されている可能性があるとしていた。

今回のドブリント運輸相の発表によると、フォルクスワーゲングループの違法ソフトウェア搭載車の約4分の1が、ドイツで販売されていたことになる。

また9月18日の発表では、米国市場の約48万2000台に、違法ソフトウェアが搭載。ドイツはフォルクスワーゲングループの地元だけに、販売台数が桁違いに多く、米国のおよそ6倍に達する計算になる。

VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載…世界の4分の1

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  4. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. リンゴ「シナノゴールド」、伊で大規模商業栽培。長野県と契約締結

  9. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  10. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

アクセスランキングをもっと見る

page top