VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載 画像 VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載

海外進出

フォルクスワーゲングループが米国だけでなく、欧州でも排出ガス規制を不正に逃れるために、車両に違法なソフトウェアを搭載していた問題。ドイツ政府は、この問題について、最新の調査結果を公表した。

これは9月25日、ドイツ政府のアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相が議会で明らかにしたもの。「ドイツ国内で販売されたフォルクスワーゲングループ車のおよそ280万台に、違法なソフトウェアが搭載されていた」と公表している。

9月22日のフォルクスワーゲングループの発表では、違法なソフトウェアは、全世界のおよそ1100万台に搭載されている可能性があるとしていた。

今回のドブリント運輸相の発表によると、フォルクスワーゲングループの違法ソフトウェア搭載車の約4分の1が、ドイツで販売されていたことになる。

また9月18日の発表では、米国市場の約48万2000台に、違法ソフトウェアが搭載。ドイツはフォルクスワーゲングループの地元だけに、販売台数が桁違いに多く、米国のおよそ6倍に達する計算になる。

VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載…世界の4分の1

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

    インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  3. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  4. 社員の発案きっかけ、ミャンマーで小中学校建設に協力

  5. JAグループやジェトロ、農林水産物・食品の輸出拡大へ15団体協定

  6. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  7. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  8. 豊島、インビスタとインドネシアでの機能性ポリエステルなどの販売代理店契約を締結

  9. 台湾 マレーシアを足がかりにハラール食品を世界に輸出

  10. 東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

アクセスランキングをもっと見る

page top