【ツーリズムEXPOジャパン】伝統工芸「奈良団扇」25歳の6代目

インバウンド・地域活性

今香堂の池田匡志さん
  • 今香堂の池田匡志さん
  • 奈良団扇
  • 会場では彫りを実演
  • 奈良扇子
  • プロフィール
  • 【ツーリズムEXPOジャパン】若くして6代目に!伝統工芸「奈良団扇」に新しさをプラス
 ツーリズムEXPOジャパンの日本伝統工芸のコーナーでは、実際に伝統工芸品を作ることができる体験や、制作の実演がなされ、来場者の注目を集めている。

 「奈良団扇」「奈良扇子」を実演していたのは池田含香堂の池田匡志さん。池田含香堂は創業160年の老舗。25歳にして6代目の池田さんは、「奈良団扇」「奈良扇子」について「そもそも1300年前に春日大社の神官が使用するために作られたのが団扇の起源で、日本では奈良が一番古いんです。他の地域に広がっていったのは200年前ですね」と説明。13工程を手作りで行っているというが、それは1年を通しての作業となり「色染めは冬の感想した時に向いているし。はりの作業は気温の高い夏に行う」と話した。これらの細かく、時間をかけた工程によって骨数が多く、しなりが強い団扇が出来上がる。

 池田さんが伝統工芸である「奈良団扇」「奈良扇子」を継いだのは、幼いころから生活の中にあったから。「継げ継げと言われていたわけではなく、昔から遊び道具みたいな形で触っていたし、自然とこの仕事をやりたいと思い始めました」「4代目、5代目が早くに亡くなったので、自分が継いだ時には喜んでもらえました」と振り返った。

 現在は手作りゆえ生産には限界があるが、伝統工芸に新しい要素を取り入れていく工夫も行っている。「塗りや彫り、いろんな工芸の技術を奈良団扇に取り入れたりしています。また今までは奈良をゆかりとしたデザインしかしてこなかったのですが、それにこだわらなくても良いと思っています」と、新しいアイデアをプラスしていくことにも前向きだ。

【ツーリズムEXPOジャパン】若くして6代目に!伝統工芸「奈良団扇」に新しさをプラス

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

    東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  7. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

アクセスランキングをもっと見る

page top