鳥獣害の状況をマップ化するソフト…対策に活用 画像 鳥獣害の状況をマップ化するソフト…対策に活用

インバウンド・地域活性

 愛媛県で鳥獣害の状況をマップ化するコンピューターソフトの活用が広がってきた。県農林水産研究所が(株)環境シミュレーション研究所(埼玉県川越市)と共同開発したソフトで、被害・捕獲現場の写真データや位置情報、日時、獣種・捕獲方法、被害品目などを登録する。その情報をフルに生かして、鳥獣害をさまざまな観点から検証できる。


 開発したソフトは「アニマル・ピクマ」。昨年から県や市町の鳥獣害担当者に配布し、実証を進めている。

 被害現場やおり、わなにかかった鳥獣などを撮影し、画像をソフトに取り込む。画像に衛星利用測位システム(GPS)の位置情報がついている場合は取り込み、位置情報がなければ、地図上で場所を選んだり、住所を選択したりして登録する。

 登録した情報は、地図上の地点で見る他、獣種や被害品目で抜き出すことができる。カレンダー式に時系列で並べることもできる。2014年度は、県内各市町で1690件のデータ登録があった。

 同研究所の菊池隆展主任研究員は「地図に手書きする従来のやり方に比べると、より多くの情報を盛り込める。被害をいろいろな切り口、広い視点で把握できる。目撃情報の登録も意味はある」と強調する。

 被害の傾向をつかみ、集落での対策会議や被害予測などに役立ててもらうため、県の事業として14年度から3年間、実証している。県や市町の担当者の他、地元の北条猟友会の複数地区で導入、活用が広がっている。

[鳥獣害と闘う]状況マップ化 傾向つかんで  愛媛県などソフト開発

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 中部縦貫道・高山清見道路上野第二トンネル工事、市街地の渋滞緩和や物流効率化へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 富裕層インバウンドの法則その4

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top