アジア開発銀行 インドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正 画像 アジア開発銀行 インドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正

海外進出

先進国や中国経済の影響を受けた格好に
アジア開発銀行は22日、2015年のインドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正すると発表した。同銀行は、今年3月の時点で同国の経済成長率を5.5%と発表していた。

同銀行は、経済成長率を下方修正した要因として、先進国や中国の景気減速をあげている。

先進国の景気減速によって、中国経済にも影響が生じ、輸出や設備投資が減少した。それに伴い、中国の経済成長率は低下の傾向にあり、2014年の経済成長率は7.3%であったものの、2015年は6.8%に、2016年は6.7%と予測されている。

2016年の経済成長率は5.4%と予測
一方で、同銀行は2016年のインドネシアの経済成長率を5.4%と予測している。2015年の経済成長率4.9%と比較すると高い数値となっている。

その要因としては、現在も個人消費が堅調であるためだ。主な理由としては、年初は燃料補助金の削減によって個人消費が冷え込んだものの、現在は安定化していること、また、公務員を中心に所得が増加していることと、低所得者向けの税の優遇措置があげられる。

(画像はプレスリリースより)
《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

    自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  4. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  5. 三菱日立パワーシステムズ、ガスタービン他受注……トルクメニスタン

  6. 世界第4位のつり橋、トルコ・イズミット湾横断橋が開通

  7. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  8. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  9. ミャンマー初「ヤンゴン証券取引所」が12月9日にオープン

  10. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top