アジア開発銀行 インドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正 画像 アジア開発銀行 インドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正

海外進出

先進国や中国経済の影響を受けた格好に
アジア開発銀行は22日、2015年のインドネシアの経済成長率を4.9%に下方修正すると発表した。同銀行は、今年3月の時点で同国の経済成長率を5.5%と発表していた。

同銀行は、経済成長率を下方修正した要因として、先進国や中国の景気減速をあげている。

先進国の景気減速によって、中国経済にも影響が生じ、輸出や設備投資が減少した。それに伴い、中国の経済成長率は低下の傾向にあり、2014年の経済成長率は7.3%であったものの、2015年は6.8%に、2016年は6.7%と予測されている。

2016年の経済成長率は5.4%と予測
一方で、同銀行は2016年のインドネシアの経済成長率を5.4%と予測している。2015年の経済成長率4.9%と比較すると高い数値となっている。

その要因としては、現在も個人消費が堅調であるためだ。主な理由としては、年初は燃料補助金の削減によって個人消費が冷え込んだものの、現在は安定化していること、また、公務員を中心に所得が増加していることと、低所得者向けの税の優遇措置があげられる。

(画像はプレスリリースより)
《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  2. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  3. トヨタ、16年のタイ製完成車輸出は15%減

    トヨタ、16年のタイ製完成車輸出は15%減

  4. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. “プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

  7. 東洋インキSCが中東・東欧進出に向け、トルコのインキ会社買収

  8. ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

  9. 三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ

  10. アパレル副資材のナクシス、ベトナム北部工場が稼働

アクセスランキングをもっと見る

page top