ブリヂストン、免震ゴム事業を成長分野に位置づけ…免震館も新設 画像 ブリヂストン、免震ゴム事業を成長分野に位置づけ…免震館も新設

インバウンド・地域活性

 ブリヂストンは、免震ゴム事業を成長分野に位置付け、需要の創出や新用途の開発に力を注ぐ。横浜市戸塚区の横浜工場構内に「免震館」を新設し、実物大の免震ゴムを展示。免震効果を実感できる「免震体験車」も活用して免震ゴムの認知度向上や普及活動に役立てる。建築物の高層化に対応した製品の大型化を進めるため、横浜工場内に超大型免震ゴムの試験機も導入した。超高層から低層まで製品のラインアップを充実させ、市場優位性をさらに高める。
 免震建物は1995年の阪神大震災を機に増加し、2011年の東日本大震災で免震建物は大きな効果を発揮した。これを受け、都市部のオフィスビルでは免震化のニーズが高まっている。そこで同社は、免震ゴム事業の成長戦略を策定。「国内市場でのシェア確保」「免震需要の創造」「新市場の開拓」の3点を柱に事業を推進していく方針だ。
 免震ゴムの効果・メリットをアピールするため、免震館や免震体験車を積極的に活用していく。免震館は、ゼネコンや設計事務所など建設業者向けの施設として7月にオープンした。免震ゴムの歴史や技術、製造工程を紹介するだけでなく、免震体験などもできる。
 免震体験車は、地震体験ができる起震車に免震の効果体験を加えた移動車。免震を検討中のエンドユーザーやマンションのモデルルーム、学校の防災訓練など幅広いニーズに対応し、要望があれば全国どこにでも出張する。活動を開始した14年1月から15年7月までの約1年半で、2万1000人が乗車し、免震ゴムの効果を体験した。
 超高層ビルなど建築物の大型化に伴い、1月には超大型免震ゴムの販売を開始した。これに合わせて、超大型免震ゴムの試験機も横浜工場内に導入した。鉛直荷重は50メガニュートン(従来機32メガニュートン)、水平変位が1・5メートル(1メートル)、試験体サイズが最大直径1800ミリ(1600ミリ)。より大きな揺れを想定した試験が行うことができ、品質をさらに高めることが可能になる。免震専用試験機では国内最大という。
 製品ラインアップも充実。3~5階建ての低層建築向けの免震ゴムを開発し、今月販売を開始した。これにより、超高層から高層、中層、低層までの製品がそろった。

ブリヂストン/免震ゴム事業を成長分野に/需要創出や新用途開発に注力

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

    地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  2. 大阪大学グローバルビレッジ施設、PFI実施方針公表

    大阪大学グローバルビレッジ施設、PFI実施方針公表

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  5. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  6. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 【爆買いの次に来るもの:3】食品の爆買い、ネクスト・ビッグウェーブは?

アクセスランキングをもっと見る

page top