【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について 画像 【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

マネジメント

 今回は、「中小企業による海外販路開拓」シリーズの第2回目として、「2.海外販路開拓の手段・施策」について書きます。

 中小企業が初めて海外市場開拓・集客を行うときに直面する課題は、以下の通りです。

・企業名、商品名、サービス名の海外での知名度が低い。
・当該企業が海外市場と顧客を知らない。
・自社独自の販路をもっていない。など

 上記する課題は、中小企業が今まで海外事業を行っていないのですから、当たり前のことになります。企業名、商品名、サービス名の知名度を上げるには、海外市場で開催される有力な展示会への出展が有効です。有力な展示会に出ますと、潜在顧客に中小企業や取扱商品・サービスを知ってもらえる可能性があります。

 もう一つの有力な手段としては、インターネット活用による自社Webサイトからの積極的な情報発信があります。

 海外販路開拓を行いたい中小企業は、少なくともインターネット上に自社の英語版Webサイトを構築して情報発信することにより、自社や取扱商品・サービスを潜在顧客などに知ってもらえる可能性がでてきます。これは、潜在顧客などがインターネットを活用して、グーグル検索エンジンなどから必要な情報収集を行っていることによります。

 さて、一般的な海外販路開拓の手段としては、代理店や販売会社などの流通業者を活用する間接販売と、自社で販売機能・輸出機能をもつかインターネット通販を活用した直接販売の2通りのやり方があります。直販販売には、特定の企業向けに輸出するやり方も含まれます。

 どちらの方法を使うかは、当該企業の状況や考え方で決めることになります。

 まず、流通業者の特徴は以下のようになります。
《GBM&A 山本雅暁》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

    宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. 国交省、1月中にも重層下請など構造問題議論開始へ

  6. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

  9. 超高齢化社会に対応する新健康産業を創出……神奈川県

  10. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

アクセスランキングをもっと見る

page top