東京都、中小企業のクラウドサービス移行に助成金…省エネ支援で 画像 東京都、中小企業のクラウドサービス移行に助成金…省エネ支援で

制度・ビジネスチャンス

 東京都が中小企業などの省エネルギー化促進のために、ITシステム機器のクラウドサービス移行費用の一部助成を行う。11月24日から申請を受け付ける。

 東京都によると、都内の産業部門におけるCO2の多くは中小規模事業所から排出されているという。今回の支援事業はこうした状況の改善を図るもの。事業所のIT関連機器を都と日本データセンター協会が認定する、省エネ性能に優れたデータセンターへ移行することで、移行費用の一部が助成される。

 助成対象は都内に中小規模事業所を有する中小企業などで、申請時までに当該年度分の地球温暖化対策報告書を提出していることが条件となる。助成率は「環境配慮型データセンター」へ移行する場合は3分の1で上限1500万円、「環境にやさしいデータセンター」への移行の場合は6分の1で上限750万円。移行作業費や物品、サービス費用が助成対象経費とされる。

 助成事業は、2015年度から2016年度にかけて行われ、6億7500万円の予算に到達するまで実施される。

 助成事業の開始にあたって、10月29日と30日には概要や条件、書類作成の留意点などを解説する募集説明会を開催。会場は国立オリンピック記念青少年総合センターで、ともに14時から。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

    成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. サンコーから糖質カット炊飯器が発売/「ダイエットや健康志向で注目

  7. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  8. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. 事業承継税制が大幅に改正される

アクセスランキングをもっと見る

page top