岡山県倉敷市の児島市民病院建築入札再公告、10月6日まで 画像 岡山県倉敷市の児島市民病院建築入札再公告、10月6日まで

インバウンド・地域活性

 岡山県倉敷市は18日、「倉敷市立児島市民病院建築工事」の一般競争入札を再公告した。10月6日まで参加申請、同7~21日に技術提案、同22日~11月12日で入札書を受け付け同12日に開札する。予定価格は39億1629万0600円(税込み)。
 参加資格は、建築一式工事の入札参加資格を有する3者によるJV。第1構成員(代表者)は総合値が1500点以上あること、第2構成員は980点以上1500点未満、第3構成員は市内業者で750点以上980点未満であることなどが条件。落札者は総合評価方式で決める。
 規模は病院棟新築がPCaPC・PCaRC一部S造6階建て(塔屋1階)延べ1万4117平方メートル、レストラン・渡り廊下棟新築がS造2階建て延べ110平方メートル。このほか、ガスボンベ庫や車寄せなども新築する。建設地は児島駅前2の39。工期は17年9月15日。設計は昭和設計・三木設計JVが担当した。
 同工事は、3日に建築工事、電気設備工事、機械設備工事の3分割で一般競争入札を開札する予定だったが、建築工事は参加者が無く入札を中止。今回、予定価格などを見直し再公告した。電気設備工事は9億円で中電工・旭テクノプラント・三和テクノJVが、機械設備工事は14億8390万円でダイダン・大同設備工業・コーワ設備JVが落札している。

岡山県倉敷市/児島市民病院建築入札再公告/10月6日まで参加受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 宮城県・名取駅前地区の再開発、大震災で変更・7年越しの事業が本格始動

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 東池袋のシネコン開発、計画を見直しより魅力的な商業ビルへ!

  7. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

アクセスランキングをもっと見る

page top