ヒューマンリソシア、ミャンマー企業と提携でITオフショア事業 画像 ヒューマンリソシア、ミャンマー企業と提携でITオフショア事業

IT業務効率

スマホなどの普及で、システム開発の人材が不足
人材サービス事業運営のヒューマンリソシアは17日、ミャンマーのAce Plus Solutions Ltd.(以下AcePlus社)と業務提携し、ITオフショア事業を開始すると発表した。

ITオフショア事業とは、ウェブサイト制作やアプリケーション開発を海外の事業者に委託することである。これにより、コストの削減が可能となる。

スマートフォンやタブレットの普及によって、アプリケーション開発の需要は高くなっているものの、国内では人手不足が深刻化し、人件費が高騰している。そのため、海外企業と連携したオフショア開発の需要が高まっている。

そこで、ヒューマンリソシアは今後の成長が期待できるミャンマーに着目した。同国は、ITエンジニアが多いこと、また、低コストで開発できる点がメリットである。同国のAcePlus社はITエンジニア数が多いこと、また、システム開発のノウハウを持っていることから、AcePlus社との業務提携に踏み切った。

2015年度中に10人体制へ
業務は9月に開始し、開発者3人体制でスタートする。なお、2015年度中に10人体制に拡大する予定だ。開発対象は、ウェブアプリケーションの開発・保守およびウェブページ制作・保守となる。

ヒューマンリソシアは今後、日本語教育を行い、また、システム開発ノウハウをミャンマーに提供することで、日本語に堪能なITエンジニアの育成を現地で進めていく予定だ。それにより、日本企業向けのITオフショア開発ビジネスの拡大につなげていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)

ミャンマーIT企業と連携 ヒューマンリソシア ITオフショア事業開始

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

    【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  3. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  4. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  5. ネットからの集客、PCとスマホのどちらを優先?

  6. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  7. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  8. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  9. 一般道も走る自動運転実験車……日産

  10. CATV事業者の活路なるか――スマートホーム事業でイッツコムとニフティが提携

アクセスランキングをもっと見る

page top