ヒューマンリソシア、ミャンマー企業と提携でITオフショア事業 画像 ヒューマンリソシア、ミャンマー企業と提携でITオフショア事業

IT業務効率

スマホなどの普及で、システム開発の人材が不足
人材サービス事業運営のヒューマンリソシアは17日、ミャンマーのAce Plus Solutions Ltd.(以下AcePlus社)と業務提携し、ITオフショア事業を開始すると発表した。

ITオフショア事業とは、ウェブサイト制作やアプリケーション開発を海外の事業者に委託することである。これにより、コストの削減が可能となる。

スマートフォンやタブレットの普及によって、アプリケーション開発の需要は高くなっているものの、国内では人手不足が深刻化し、人件費が高騰している。そのため、海外企業と連携したオフショア開発の需要が高まっている。

そこで、ヒューマンリソシアは今後の成長が期待できるミャンマーに着目した。同国は、ITエンジニアが多いこと、また、低コストで開発できる点がメリットである。同国のAcePlus社はITエンジニア数が多いこと、また、システム開発のノウハウを持っていることから、AcePlus社との業務提携に踏み切った。

2015年度中に10人体制へ
業務は9月に開始し、開発者3人体制でスタートする。なお、2015年度中に10人体制に拡大する予定だ。開発対象は、ウェブアプリケーションの開発・保守およびウェブページ制作・保守となる。

ヒューマンリソシアは今後、日本語教育を行い、また、システム開発ノウハウをミャンマーに提供することで、日本語に堪能なITエンジニアの育成を現地で進めていく予定だ。それにより、日本企業向けのITオフショア開発ビジネスの拡大につなげていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)

ミャンマーIT企業と連携 ヒューマンリソシア ITオフショア事業開始

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

    産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  3. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

    【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  10. 屋内用ロボット介護機器、安川電機が発表

アクセスランキングをもっと見る

page top