牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場 画像 牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場

インバウンド・地域活性

 千葉県市原市の加藤牧場は、所有する牧草地6ヘクタールのうち2.5ヘクタールで農地法上の「一時転用」が許可され、今夏もオートキャンプ場に変身した。牧草が夏枯れする5月から8月末までの期間限定営業で、森林に囲まれた広々とした草原と美しい星空が人気を呼び、開設3年目の今年は1万人以上が訪れる人気スポットとなった。県では「こうした転用事例は他に聞いたことがない」(農地・農村振興課)としている。

・無収穫期に一時転用

 オートキャンプ場は都心から車で約70分と近く、北海道のような景観が楽しめるのが魅力だ。農業がつくり出す癒やしの空間を都会人にも提供することで、全体の収入確保につなげた。

 加藤牧場代表の加藤秀次さん(67)は四街道市で経営していた牧場が公共用地として収用されたことから20年前、市原市に牧場を移した。だが後継者がいないため、広大な農場をどう活用するかが課題だった。

 そこで、旧知の仲である(株)中央牧草センター代表の増田浩二さん(60)に相談。牧草地を継続して利用するため同センターが牧草の生産や管理を担う仕組みをつくった。1番牧草は同センター向け、2、3番の牧草は加藤牧場の飼養する肉牛向けに活用する。同センターは年間1500トン以上の生牧草を生産、動物園や競馬場、ペット用に供給している。

 牧草栽培は9月に種をまき、翌年4月まで年3~4回収穫する。だが、5月から8月は夏枯れで収穫できないことに着目。この期間を有効に活用して副収入を得られないかと増田さんは考え、農業以外の映像プロデューサーなどからヒントをもらい、期間限定のオートキャンプ場開設を思いついた。

 一般のオートキャンプ場は、水道や炊飯設備などを完備している半面、自由に車を置いて、たき火をすることはできない。その点、加藤牧場のキャンプ場は臨時のトイレと水道を設置しているだけで、車は自由に置けて火を使って自由に料理ができる。

 運営はイベントなどを手掛ける(株)遊放浪に依頼。名前は市原オートキャンプ場「一番星☆ヴィレッジ」とした。同社の中村智裕代表は「東京から近いのに北海道のようで、草原も気持ちいいと言われている」と人気の秘密を明かす。来場者は1年目は500人、2年目はキャンプ場内で映画やコンサート、マジック、ヨガ教室などを企画したことが受けて3000人、今年は1万人超と年々増えている。

 キャンプ場開設に伴って増田さんは県に対し、5月1日から8月31日までの農地の一時転用を申請。前例のない手続きだっただけに「なかなか県の理解が得られなかったが、農地保全と農業を維持するための方策として、牧草生産を継続しながら第2の収入を増やせると説明し、やっと理解を得た」と振り返る。

 現在、オートキャンプ場は閉鎖され、プラウで耕うん、牧草の種まきが始まり、牧場は再び静けさを取り戻した。

夏限定 “農地キャンプ場” 広々牧草地は気分爽快 千葉県市原市加藤牧場 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 訪日外国人専用!「まるっと福岡」西鉄電車・バスで乗り放題チケット!

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

  7. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  8. 幻のホームの活用法!? 東京メトロ、銀座線コンペ第4弾を公募

  9. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top