どうすればEVは売れるか……「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日開催 画像 どうすればEVは売れるか……「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日開催

イベント

日本EVクラブは、「EV一番塾2015 EV・PHEV最前線大討論会」を10月10日、日本科学未来館で開催する。

今回は、近々登場するという、エネルギー密度が現行リチウムイオン電池の1.5倍という次世代電池がテーマ。次世代電池の登場でEVはどう変わるのかを日本電動化研究所の和田憲一郎氏と日本EVクラブの舘内端代表が対談形式で議論する。

また、ヨーロッパ状況に詳しいモータージャーナリストの川端由美氏とフランクフルト・モーターショーを取材したJAF MATEの鳥塚俊洋編集長を招き、2015年フランクフルト・モーターショーに出展された各自動車メーカーの最新EV・PHEV情報を紹介する。

それらの討論や報告を踏まえ、大討論会「こうすればEVは売れる」では、EVを売るための方策をパネラーが述べ、参加者とともに議論を深めていく。

参加費は2500円(日本EVクラブ会員は2000円)。定員50名で日本EVクラブより参加申し込みを受け付けている。

「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日に開催…次世代電池登場でEVが変わる

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

    LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  2. 【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

    【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

  3. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

    【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  4. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  5. ウェアラブルの未来へ……最新端末と技術を展示する「ウェアラブルEXPO」が開幕

  6. 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

  7. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  8. 【新電力EXPO】ゴミの発泡スチロールを電気に!? 圧縮・燃料化システムの実用化進む

  9. パスコの最新航空測量技術…災害支援・自動運転

  10. 【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

アクセスランキングをもっと見る

page top