どうすればEVは売れるか……「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日開催 画像 どうすればEVは売れるか……「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日開催

イベント

日本EVクラブは、「EV一番塾2015 EV・PHEV最前線大討論会」を10月10日、日本科学未来館で開催する。

今回は、近々登場するという、エネルギー密度が現行リチウムイオン電池の1.5倍という次世代電池がテーマ。次世代電池の登場でEVはどう変わるのかを日本電動化研究所の和田憲一郎氏と日本EVクラブの舘内端代表が対談形式で議論する。

また、ヨーロッパ状況に詳しいモータージャーナリストの川端由美氏とフランクフルト・モーターショーを取材したJAF MATEの鳥塚俊洋編集長を招き、2015年フランクフルト・モーターショーに出展された各自動車メーカーの最新EV・PHEV情報を紹介する。

それらの討論や報告を踏まえ、大討論会「こうすればEVは売れる」では、EVを売るための方策をパネラーが述べ、参加者とともに議論を深めていく。

参加費は2500円(日本EVクラブ会員は2000円)。定員50名で日本EVクラブより参加申し込みを受け付けている。

「EV・PHEV最前線大討論会」10月10日に開催…次世代電池登場でEVが変わる

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

    【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  2. 【ギフト・ショー】ハシゴ・脚立の老舗が作ったオシャレな脚立が独り暮らしに人気

    【ギフト・ショー】ハシゴ・脚立の老舗が作ったオシャレな脚立が独り暮らしに人気

  3. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

    【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  4. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  5. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  6. ~HCJ2017:1~生産性とおもてなしを両立するICTとは?

  7. 「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

  8. IoTは低コスト・低リスクの「スモールスタート」から!/ワイヤレスジャパン

  9. 【国際ロボット展】ロボット配線たるみを解決、伸縮電線「ROBODEN」

  10. IoTは「フレッシュなデータ」、その活かし方を考えよう!

アクセスランキングをもっと見る

page top