ブリヂストン、低層建築向け免震ゴム開発…導入コスト25%軽減 画像 ブリヂストン、低層建築向け免震ゴム開発…導入コスト25%軽減

インバウンド・地域活性

 ブリヂストンは、3~5階建ての低層建築物向けの免震ゴムを開発した。高層ビルなどに比べ重量が少ない建物に対し、免震機能を十分発揮させるため柔らかいゴムを採用。同社の高減衰ゴムとしては、最も低い弾性を備える。必要な強度を維持しながら、取り付け部(フランジ)をコンパクト化したのも特徴で、従来品に比べ導入コストを約25%低減できるという。今月販売を開始した。
 免震ゴムは、建物の各柱の下に設置することで建物全体を支え、地震発生時に揺れのエネルギーを吸収する。免震ゴムが機能するには、免震ゴムにかかる各柱からの荷重がある程度必要とされる。このため、建物が軽く、各柱からの荷重が小さい低層の建物には、従来の免震ゴムを採用することが難しい。
 低層の建物には、病院や介護施設などが多い。そうした施設の安全性を高めるために新型の免震ゴムを開発した。名称は「X3Rシリーズ」。同社の高減衰ゴム系積層ゴム「X6R」が丸型のフランジなのに対し、X3Rは8角形の形状でフランジの面積を小さくした。弾性は約2倍の柔らかさという。
 サイズは、ゴム外径が直径600ミリ、700ミリ、800ミリの3種類、ゴム厚さは160ミリ(HMシリーズ)、200ミリ(HNシリーズ)の2種類をそろえている。
 免震工法は、建物と地盤の間に免震ゴムやダンパーなどの免震装置を設置し、地震の速くて強い揺れを、ゆっくり大きな動きに変えるとともに、地震のエネルギーを吸収して建物に力を伝えにくくする技術。
 近年、急速に普及が進み、東日本大震災でも効果が確認されている。同社は1983年に日本初の免震建物に免震ゴムを提供して以来、国内・海外合わせて5万基以上を出荷。国内メーカートップの実績を誇る。

ブリヂストン/低層向け免震ゴム開発/導入コスト25%低減

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

アクセスランキングをもっと見る

page top