2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP 画像 2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP

インバウンド・地域活性

J.D.パワーアジア・パシフィックは、「2015年日本自動車商品魅力度」調査を実施した。今年で5回目となる調査では、自動車の性能やデザインに関する商品魅力度に関する評価を測定する目的で行っている。

自動車の特性を、外装、内装、収納とスペース、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、視認性と運転安全性、燃費の10カテゴリーに分類した。その上で、合計77項目について実際に所有しているモデルを評価してもらった、

1000ポイント満点で、2015年の業界平均スコアは、前年から6ポイント向上し628ポイントとなった。

ブランドランキングでは、レクサスが1位で748ポイントを獲得した。2位はBMWで703ポイント、3位がメルセデス・ベンツで694ポイントだった。

車両セグメント別モデルランキングでは軽自動車セグメントがホンダ『N-WGN』が1位、2位がホンダの『N-BOX』、3位がダイハツの『ムーヴ』だった。

コンパクトセグメントは、マツダの『デミオ』が1位、トヨタの『アクア』が2位、ホンダの『フィット』が3位だった。ミッドサイズセグメントは1位がアウディ『A3』、スバルの『レヴォーグ』、『WRX』が同率で2位だった。

ミニバンセグメントはトヨタの『アルファード』が1位、トヨタの『ヴェルファイア』が2位、ホンダの『オデッセイ』が3位だった。

自動車商品魅力度、ブランド1位はレクサス…軽自動車は Nシリーズ が1・2位

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】「もみじ饅頭のお酒」を生み出した広島県中国醸造の社風……ニッチ市場を意外性で盛り上げる

  6. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top