2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP 画像 2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP

インバウンド・地域活性

J.D.パワーアジア・パシフィックは、「2015年日本自動車商品魅力度」調査を実施した。今年で5回目となる調査では、自動車の性能やデザインに関する商品魅力度に関する評価を測定する目的で行っている。

自動車の特性を、外装、内装、収納とスペース、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、視認性と運転安全性、燃費の10カテゴリーに分類した。その上で、合計77項目について実際に所有しているモデルを評価してもらった、

1000ポイント満点で、2015年の業界平均スコアは、前年から6ポイント向上し628ポイントとなった。

ブランドランキングでは、レクサスが1位で748ポイントを獲得した。2位はBMWで703ポイント、3位がメルセデス・ベンツで694ポイントだった。

車両セグメント別モデルランキングでは軽自動車セグメントがホンダ『N-WGN』が1位、2位がホンダの『N-BOX』、3位がダイハツの『ムーヴ』だった。

コンパクトセグメントは、マツダの『デミオ』が1位、トヨタの『アクア』が2位、ホンダの『フィット』が3位だった。ミッドサイズセグメントは1位がアウディ『A3』、スバルの『レヴォーグ』、『WRX』が同率で2位だった。

ミニバンセグメントはトヨタの『アルファード』が1位、トヨタの『ヴェルファイア』が2位、ホンダの『オデッセイ』が3位だった。

自動車商品魅力度、ブランド1位はレクサス…軽自動車は Nシリーズ が1・2位

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  2. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

    CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  8. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

アクセスランキングをもっと見る

page top