2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP 画像 2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP

インバウンド・地域活性

J.D.パワーアジア・パシフィックは、「2015年日本自動車商品魅力度」調査を実施した。今年で5回目となる調査では、自動車の性能やデザインに関する商品魅力度に関する評価を測定する目的で行っている。

自動車の特性を、外装、内装、収納とスペース、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、視認性と運転安全性、燃費の10カテゴリーに分類した。その上で、合計77項目について実際に所有しているモデルを評価してもらった、

1000ポイント満点で、2015年の業界平均スコアは、前年から6ポイント向上し628ポイントとなった。

ブランドランキングでは、レクサスが1位で748ポイントを獲得した。2位はBMWで703ポイント、3位がメルセデス・ベンツで694ポイントだった。

車両セグメント別モデルランキングでは軽自動車セグメントがホンダ『N-WGN』が1位、2位がホンダの『N-BOX』、3位がダイハツの『ムーヴ』だった。

コンパクトセグメントは、マツダの『デミオ』が1位、トヨタの『アクア』が2位、ホンダの『フィット』が3位だった。ミッドサイズセグメントは1位がアウディ『A3』、スバルの『レヴォーグ』、『WRX』が同率で2位だった。

ミニバンセグメントはトヨタの『アルファード』が1位、トヨタの『ヴェルファイア』が2位、ホンダの『オデッセイ』が3位だった。

自動車商品魅力度、ブランド1位はレクサス…軽自動車は Nシリーズ が1・2位

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

    大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. ARやフリー無線活用も、「東京商店街グランプリ」のノミネート発表

  5. 「バスタ新宿」開業半年---利用者はほぼ想定通り

  6. 閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. コンクリひび割れ部からの漏水防止、大林組らが作業半減の新工法

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top