2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP 画像 2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP

インバウンド・地域活性

J.D.パワーアジア・パシフィックは、「2015年日本自動車商品魅力度」調査を実施した。今年で5回目となる調査では、自動車の性能やデザインに関する商品魅力度に関する評価を測定する目的で行っている。

自動車の特性を、外装、内装、収納とスペース、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、視認性と運転安全性、燃費の10カテゴリーに分類した。その上で、合計77項目について実際に所有しているモデルを評価してもらった、

1000ポイント満点で、2015年の業界平均スコアは、前年から6ポイント向上し628ポイントとなった。

ブランドランキングでは、レクサスが1位で748ポイントを獲得した。2位はBMWで703ポイント、3位がメルセデス・ベンツで694ポイントだった。

車両セグメント別モデルランキングでは軽自動車セグメントがホンダ『N-WGN』が1位、2位がホンダの『N-BOX』、3位がダイハツの『ムーヴ』だった。

コンパクトセグメントは、マツダの『デミオ』が1位、トヨタの『アクア』が2位、ホンダの『フィット』が3位だった。ミッドサイズセグメントは1位がアウディ『A3』、スバルの『レヴォーグ』、『WRX』が同率で2位だった。

ミニバンセグメントはトヨタの『アルファード』が1位、トヨタの『ヴェルファイア』が2位、ホンダの『オデッセイ』が3位だった。

自動車商品魅力度、ブランド1位はレクサス…軽自動車は Nシリーズ が1・2位

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

    鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

  4. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

アクセスランキングをもっと見る

page top