2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP 画像 2015年日本自動車商品魅力度調査……J.D.パワーAP

インバウンド・地域活性

J.D.パワーアジア・パシフィックは、「2015年日本自動車商品魅力度」調査を実施した。今年で5回目となる調査では、自動車の性能やデザインに関する商品魅力度に関する評価を測定する目的で行っている。

自動車の特性を、外装、内装、収納とスペース、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム、シート、空調、運転性能、エンジン/トランスミッション、視認性と運転安全性、燃費の10カテゴリーに分類した。その上で、合計77項目について実際に所有しているモデルを評価してもらった、

1000ポイント満点で、2015年の業界平均スコアは、前年から6ポイント向上し628ポイントとなった。

ブランドランキングでは、レクサスが1位で748ポイントを獲得した。2位はBMWで703ポイント、3位がメルセデス・ベンツで694ポイントだった。

車両セグメント別モデルランキングでは軽自動車セグメントがホンダ『N-WGN』が1位、2位がホンダの『N-BOX』、3位がダイハツの『ムーヴ』だった。

コンパクトセグメントは、マツダの『デミオ』が1位、トヨタの『アクア』が2位、ホンダの『フィット』が3位だった。ミッドサイズセグメントは1位がアウディ『A3』、スバルの『レヴォーグ』、『WRX』が同率で2位だった。

ミニバンセグメントはトヨタの『アルファード』が1位、トヨタの『ヴェルファイア』が2位、ホンダの『オデッセイ』が3位だった。

自動車商品魅力度、ブランド1位はレクサス…軽自動車は Nシリーズ が1・2位

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

    青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

  2. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  3. 【プレス・板金・フォーミング展】40年前のマシンを再生……工作機械のリビルドに強い「しのはらプレスサービス」

    【プレス・板金・フォーミング展】40年前のマシンを再生……工作機械のリビルドに強い「しのはらプレスサービス」

  4. 竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場の解体着手

  5. 国交省、建設業女性の採用実績や出産・育児制度など実態調査へ

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. 気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 大阪府吹田市の健都イノベーションパーク利用事業、医療・医薬の開発推進へ

  10. 五輪選手村ビレッジプラザ、木造化で環境重視!

アクセスランキングをもっと見る

page top