有田焼400年記念で老舗窯元がセーラー万年筆とコラボ 画像 有田焼400年記念で老舗窯元がセーラー万年筆とコラボ

インバウンド・地域活性

 有田焼の老舗「香蘭社」「源右衛門窯」が、有田焼400年記念でセーラー万年筆とコラボし、16種類の有田焼万年筆を製作する。受注生産制で9月30日からオーダーを受け付ける。

 有田焼は1616年に日本で初めて始まった有田の陶磁器づくりを祖とする伝統工芸。2016年に誕生400年を迎えることを記念して「有田焼創業400年記念万年筆」の製作が決定した。

 記念万年筆はボディなどに有田焼を使用したもので、2007年にも香蘭社、源右衛門窯とのコラボモデルを製作していた。今回新たにつくられたモデルは8種類のデザインに、それぞれキャップリングなどが金・銀の仕様を用意し、全16種類となっている。ペン先は21金の大型のものを採用し、窯元名と商品名が入った桐箱入りで届けられる。

 白磁モデルの15万円から染付獅子唐草モデルの35万円までラインナップする。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

    斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  4. 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top