有田焼400年記念で老舗窯元がセーラー万年筆とコラボ 画像 有田焼400年記念で老舗窯元がセーラー万年筆とコラボ

インバウンド・地域活性

 有田焼の老舗「香蘭社」「源右衛門窯」が、有田焼400年記念でセーラー万年筆とコラボし、16種類の有田焼万年筆を製作する。受注生産制で9月30日からオーダーを受け付ける。

 有田焼は1616年に日本で初めて始まった有田の陶磁器づくりを祖とする伝統工芸。2016年に誕生400年を迎えることを記念して「有田焼創業400年記念万年筆」の製作が決定した。

 記念万年筆はボディなどに有田焼を使用したもので、2007年にも香蘭社、源右衛門窯とのコラボモデルを製作していた。今回新たにつくられたモデルは8種類のデザインに、それぞれキャップリングなどが金・銀の仕様を用意し、全16種類となっている。ペン先は21金の大型のものを採用し、窯元名と商品名が入った桐箱入りで届けられる。

 白磁モデルの15万円から染付獅子唐草モデルの35万円までラインナップする。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  2. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

    フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  3. 重要文化財・大阪市中央公会堂、免震装置交換工事進む

    重要文化財・大阪市中央公会堂、免震装置交換工事進む

  4. 高速道路で初めての二輪車専用周遊パス、料金は1泊2日で2500円

  5. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  6. 森トラスト、既存5リゾートホテルを外資ブランドにし再オープン

  7. 三田三・四丁目地区の再開発、景観向上やヒートアイランド現象の緩和も

  8. トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

  9. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  10. 羽田空港跡地第1ゾーン基盤施設基本設計、建設技術研究所に

アクセスランキングをもっと見る

page top