商品管理も可能な万引き防止ゲート「WaveGate」 画像 商品管理も可能な万引き防止ゲート「WaveGate」

マネジメント

 高千穂交易のグループ子会社であるマイティカードは、東京ビッグサイトで開催された「第17回 自動認識総合展」に、従来のEASの進化系といえる新方式の万引き防止ゲート「WaveGate」を展示した。

 「WaveGate」の特徴に、UHF帯に対応したことによる万引き防止ゲートとしての検知範囲の拡大が挙げられる。これにより、従来品よりも間口を広くゲート式アンテナの設置することができるようになった。スタンダードモデルの場合、2本立てで使用する際には、2.5mまで間口を広げることができる。

 次に検知範囲が広がった恩恵として、ゲート式アンテナの小型化を実現。スタンダードタイプのサイズは、高さ1,260mm×幅235mm×奥行58mmと、成人の腰から胸にかけての高さのため、心理的な圧迫感が少ない。

 天井に設置したり、壁や棚などに組み込んで使用することができるWaveGateの関連製品「Waveアンテナ」もあり、ゲート式アンテナ「WaveGate」と組み合わせて、セキュリティを高めつつも、威圧感を出さずに万引き防止対策を実現できる。

 小売業にとって年々増加する万引き被害は、頭を悩ましている問題であり、喫緊の対策課題である。すでにEAS(万引き防止システム/Electronic Article Surveillance)を導入している場合も多いが、店舗の入り口に威圧感のゲート式アンテナを設置することを望まない業種も少なくなかった。

 また、万引き防止といった用途だけにとどまらず、RFIDを使った商品管理、在庫管理といった使い方も想定しており、小売業の業務効率化などにも貢献する製品だといえる。

防犯と商品管理が行える新方式の万引き防止ゲート「WaveGate」

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  2. 日本紙パルプ商事、JPビル建替7月着工、2.9万平米複合ビルに

    日本紙パルプ商事、JPビル建替7月着工、2.9万平米複合ビルに

  3. 国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

    国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

  4. 社長が選ぶ「今年の社長」は? 初のトップはあの人

  5. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  6. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

  7. ソフトバンクグループの新戦略、事業を「海外」「国内」で完全分割

  8. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  9. 東日本建設業保証、中小建設会社の14年度決算分析まとめる

  10. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

アクセスランキングをもっと見る

page top