電気柵の異常、スマホにお知らせ…福井県が開発へ 画像 電気柵の異常、スマホにお知らせ…福井県が開発へ

インバウンド・地域活性

 福井県は、漏電など電気柵の異常を管理者のスマートフォン(多機能携帯電話)に通知するシステムの開発に乗り出す。電圧を測定するテスターを柵に取り付けて常時モニタリングし、サーバーを介して転送する仕組み。鯖江市の2集落などで2015年度中に実証試験を開始し、16年度以降の普及を目指す。
 電気柵は、1秒以上の間隔で瞬間的に6000~1万ボルトの電気が通電し、動物を寄せ付けない。しかし、柵線が草や倒木などに触れると、電圧が下がり、3000ボルト以下になると効果がなくなるという。そのため、日常の見回りで電圧の強さを確認する必要があった。

 新たに開発するシステムは、測定の手間を減らし、草刈りや電源交換などの時期も判別できる。電圧が下がると、メールで管理者に通知する仕組みを検討している。

 県の鳥獣害のない里づくり推進事業の一環で、予算額は1017万円。開発業者は9月中の入札で決める。

 県の地域農業課は「電圧点検の負担を減らしたい。異常に気付き、すぐに現場に駆け付けることができれば、被害低減にもつながる」と期待する。

電気柵の異常 スマホにお知らせ システム開発へ 福井県

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

    「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top