農水省、地域産農産物ブランドの名称保護浸透に向けサミット計画

インバウンド・地域活性

 農水省は、2016年度に「GIサミット」(仮称)を開催する方針を固めた。産地名と一体となった特色ある農産物や食品の名称を保護する地理的表示(GI)保護制度を浸透させ、販売面で後押しする狙い。

 16年度予算の概算要求に、関連事業費を盛り込んだ。サミットではGIに登録された産地や、登録申請を検討している産地の生産者団体、加工団体が参加予定。販売に生かすノウハウなど、情報交換する場としたい考えだ。

サミットを通じ、同省は地域産品のブランド化に取り組む産地間のネットワークづくりを進めたい考え。「GIをはじめとする知的財産の保護・活用によるブランド化を図ることが地方創生には重要だ」(新事業創出課)としている。 

GI浸透へサミット 農水省が来年度計画

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. パウチ酒続々…酸化防止パウチ入りの清酒、菊水が拡充

  10. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

アクセスランキングをもっと見る

page top