農水省、地域産農産物ブランドの名称保護浸透に向けサミット計画

インバウンド・地域活性

 農水省は、2016年度に「GIサミット」(仮称)を開催する方針を固めた。産地名と一体となった特色ある農産物や食品の名称を保護する地理的表示(GI)保護制度を浸透させ、販売面で後押しする狙い。

 16年度予算の概算要求に、関連事業費を盛り込んだ。サミットではGIに登録された産地や、登録申請を検討している産地の生産者団体、加工団体が参加予定。販売に生かすノウハウなど、情報交換する場としたい考えだ。

サミットを通じ、同省は地域産品のブランド化に取り組む産地間のネットワークづくりを進めたい考え。「GIをはじめとする知的財産の保護・活用によるブランド化を図ることが地方創生には重要だ」(新事業創出課)としている。 

GI浸透へサミット 農水省が来年度計画

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  6. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top