農水省、地域産農産物ブランドの名称保護浸透に向けサミット計画

インバウンド・地域活性

 農水省は、2016年度に「GIサミット」(仮称)を開催する方針を固めた。産地名と一体となった特色ある農産物や食品の名称を保護する地理的表示(GI)保護制度を浸透させ、販売面で後押しする狙い。

 16年度予算の概算要求に、関連事業費を盛り込んだ。サミットではGIに登録された産地や、登録申請を検討している産地の生産者団体、加工団体が参加予定。販売に生かすノウハウなど、情報交換する場としたい考えだ。

サミットを通じ、同省は地域産品のブランド化に取り組む産地間のネットワークづくりを進めたい考え。「GIをはじめとする知的財産の保護・活用によるブランド化を図ることが地方創生には重要だ」(新事業創出課)としている。 

GI浸透へサミット 農水省が来年度計画

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

  10. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

アクセスランキングをもっと見る

page top