三菱日立パワーシステムズ、ガスタービン他受注……トルクメニスタン 画像 三菱日立パワーシステムズ、ガスタービン他受注……トルクメニスタン

海外進出

カスピ海岸に建設中の肥料製造プラント向け
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は17日、トルクメニスタンのガラボガス市に建設される肥料製造プラント向け天然ガス焚きH-25形ガスタービンと発電機各2基を受注したと発表した。

H-25形ガスタービンは、ヘビーデューティ型ガスタービンで、重構造型と呼ばれている。信頼性が高く、保守頻度が低いのが特徴。国内外で170基以上の受注実績があり、高い信頼性を得ている。

この肥料製造プラントは、トルクメニスタン北西部のカスピ海岸に建設中で、同国国営化学公社のトルクメンヒミヤが受注した。トルクメニスタンからの受注は今回が初めて。

天然ガス搬出ルート多様化計画の一環
外務省の情報によると、トルクメニスタンは、世界第4位の豊富な天然ガスを有し、その量は世界の9.3%にあたるという。その天然ガスの輸出などにより、近年では高い経済成長を続けている。

今回の肥料製造プラント建設は、トルクメニスタン政府が取り組んでいる天然ガスの高付加価値化や輸出・販売ルートの多様化計画の一環である。

プラント建設は、三菱重工業と三菱商事、トルコの建設会社ギャップ・インシャート社が共同で請け負っている。尿素肥料製造施設としては同国最大級。運転開始は2018年6月の予定。

MHPSは、今後も多様化するニーズに的確に対応し、各国・地域の経済発展に貢献していく方針だ。

(画像はニュースリリースより)

MHPS、トルクメニスタンからガスタービン・発電機セットを受注

《東欧ニュース》

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事

    ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事

  2. 日比国交正常化60周年、深まるインフラ整備分野での協力関係

    日比国交正常化60周年、深まるインフラ整備分野での協力関係

  3. 駐トリニダード・トバゴ大使に国交省出身・岡田光彦氏、「防災対策支援したい」

    駐トリニダード・トバゴ大使に国交省出身・岡田光彦氏、「防災対策支援したい」

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 三菱ふそう、総重量40トン超の大型トラックをインドネシアに投入

  7. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

アクセスランキングをもっと見る

page top