自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ 画像 自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ

IT業務効率

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムの葛巻清吾サブ・プロジェクトディレクターは9月17日、内閣府で開いた取り組み説明会で、2020年の実用化を目指しているレベル3の自動走行システムの進捗状況について「10~15%ではないか」との見解を示した。

葛巻氏は「2020年に向けた進捗としては10~15%ではないかという気はしている。どのような部分で(自動車メーカー同士が)協調していくのかということに関してはだいたい固まった。それをもとに、これから技術開発をしたり、あるいは実際の技術を統合していくというプロセスは非常に重要になってくる。そういう意味では進捗が急に進んでいるというわけではない」と述べた。

また自動走行システムを実用化していく上で重要度を増しているプローブデータの活用については「プローブデータは自動車メーカー各社が競い合っている分野」としながらも、「その一方で(自動走行システムに必要な高精度デジタル)地図は、更新がやはり大事で、これにプローブデータを活用したい。そのためには各社のプローブデータのフォーマットを協調しなければいけないであろうというところまでSIPを通じて議論が進んでいる」と葛巻氏は明かした。

自動運転「レベル3に向けた進捗は10~15%」…SIP自動走行システム・葛巻サブPD

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  9. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  10. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

アクセスランキングをもっと見る

page top