自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ 画像 自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ

IT業務効率

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムの葛巻清吾サブ・プロジェクトディレクターは9月17日、内閣府で開いた取り組み説明会で、2020年の実用化を目指しているレベル3の自動走行システムの進捗状況について「10~15%ではないか」との見解を示した。

葛巻氏は「2020年に向けた進捗としては10~15%ではないかという気はしている。どのような部分で(自動車メーカー同士が)協調していくのかということに関してはだいたい固まった。それをもとに、これから技術開発をしたり、あるいは実際の技術を統合していくというプロセスは非常に重要になってくる。そういう意味では進捗が急に進んでいるというわけではない」と述べた。

また自動走行システムを実用化していく上で重要度を増しているプローブデータの活用については「プローブデータは自動車メーカー各社が競い合っている分野」としながらも、「その一方で(自動走行システムに必要な高精度デジタル)地図は、更新がやはり大事で、これにプローブデータを活用したい。そのためには各社のプローブデータのフォーマットを協調しなければいけないであろうというところまでSIPを通じて議論が進んでいる」と葛巻氏は明かした。

自動運転「レベル3に向けた進捗は10~15%」…SIP自動走行システム・葛巻サブPD

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

    最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  3. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

    道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  4. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  5. ~ポストものづくり時代:2~“山間辺地へ通勤”に将来性あり

  6. 日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

  7. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  8. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  9. お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起

  10. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top