自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ 画像 自動運転、2020年実用化の進捗は15%程度……カギはプローブデータ

IT業務効率

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムの葛巻清吾サブ・プロジェクトディレクターは9月17日、内閣府で開いた取り組み説明会で、2020年の実用化を目指しているレベル3の自動走行システムの進捗状況について「10~15%ではないか」との見解を示した。

葛巻氏は「2020年に向けた進捗としては10~15%ではないかという気はしている。どのような部分で(自動車メーカー同士が)協調していくのかということに関してはだいたい固まった。それをもとに、これから技術開発をしたり、あるいは実際の技術を統合していくというプロセスは非常に重要になってくる。そういう意味では進捗が急に進んでいるというわけではない」と述べた。

また自動走行システムを実用化していく上で重要度を増しているプローブデータの活用については「プローブデータは自動車メーカー各社が競い合っている分野」としながらも、「その一方で(自動走行システムに必要な高精度デジタル)地図は、更新がやはり大事で、これにプローブデータを活用したい。そのためには各社のプローブデータのフォーマットを協調しなければいけないであろうというところまでSIPを通じて議論が進んでいる」と葛巻氏は明かした。

自動運転「レベル3に向けた進捗は10~15%」…SIP自動走行システム・葛巻サブPD

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット

    稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット

  3. マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

    マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

  4. 西松建設らが切羽地山の性状評価システム開発、強度分布を3D表示で安全性向上

  5. NEC、ビジネス/教育機関向けPCを強化、16タイプ78モデルを発売

  6. 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  7. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  8. 国交・経産が「自動走行ビジネス検討」のWG設置

  9. 富士教育訓練センターでドローン技能者を育成、若者や中途採用者を確保

  10. 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top