CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より 画像 CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

マネジメント

 神奈川県は10月1日、「CHO構想評価モデル実証事業」を開始する。

 この構想は従業員の健康促進を実践する上で、企業内におけるCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))、もしくは担当部署を配置するというもの。その効果を検証すべく、県では実証事業の参加企業を募集していた。

 9月3日の発表資料によると、株式会社アイネット、株式会社CFSコーポレーション、すてきナイスグループ株式会社、東京急行電鉄株式会社、株式会社分析屋、横須賀商工会議所などが、実証事業への参加を表明している。

 試験は28年2月末まで行われる予定。県では試験中に各社の健康経営における課題を調べ、適切なサービスを導入するよう指導を行う。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

    自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

  2. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  3. アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

    アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

  4. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  5. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  6. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  7. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  8. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  9. 三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

  10. 国交省、社保未加入5万業者を11月に前倒し指導

アクセスランキングをもっと見る

page top