CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より 画像 CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

マネジメント

 神奈川県は10月1日、「CHO構想評価モデル実証事業」を開始する。

 この構想は従業員の健康促進を実践する上で、企業内におけるCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))、もしくは担当部署を配置するというもの。その効果を検証すべく、県では実証事業の参加企業を募集していた。

 9月3日の発表資料によると、株式会社アイネット、株式会社CFSコーポレーション、すてきナイスグループ株式会社、東京急行電鉄株式会社、株式会社分析屋、横須賀商工会議所などが、実証事業への参加を表明している。

 試験は28年2月末まで行われる予定。県では試験中に各社の健康経営における課題を調べ、適切なサービスを導入するよう指導を行う。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 石井啓一国交相、豪雨災害復旧に迅速対応の考え示す

    石井啓一国交相、豪雨災害復旧に迅速対応の考え示す

  2. 後継者不在などで悩む中小の拠り所、事業引継ぎ支援センター・相談窓口が増加

    後継者不在などで悩む中小の拠り所、事業引継ぎ支援センター・相談窓口が増加

  3. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

    広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  4. ゼネコン準大手各社、2次下請け以下にも社保加入指導広がる

  5. 食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

  6. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  7. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  8. 物流、マーケティング、コールセンター…「リピート通販ビジネス」各分野のプロが集結、実践例をアドバイス

アクセスランキングをもっと見る

page top