CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より 画像 CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

マネジメント

 神奈川県は10月1日、「CHO構想評価モデル実証事業」を開始する。

 この構想は従業員の健康促進を実践する上で、企業内におけるCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))、もしくは担当部署を配置するというもの。その効果を検証すべく、県では実証事業の参加企業を募集していた。

 9月3日の発表資料によると、株式会社アイネット、株式会社CFSコーポレーション、すてきナイスグループ株式会社、東京急行電鉄株式会社、株式会社分析屋、横須賀商工会議所などが、実証事業への参加を表明している。

 試験は28年2月末まで行われる予定。県では試験中に各社の健康経営における課題を調べ、適切なサービスを導入するよう指導を行う。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  3. 丸紅建材リース、新社長に内山元雄氏

    丸紅建材リース、新社長に内山元雄氏

  4. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  5. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. アジア航測、宇佐美工業ら4社とi-Con導入勉強会、2月9日に初会合

  8. 建設下請実態、賃金「引き上げた」上昇、施工体制台帳に改善余地

  9. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  10. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top