CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より 画像 CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

マネジメント

 神奈川県は10月1日、「CHO構想評価モデル実証事業」を開始する。

 この構想は従業員の健康促進を実践する上で、企業内におけるCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))、もしくは担当部署を配置するというもの。その効果を検証すべく、県では実証事業の参加企業を募集していた。

 9月3日の発表資料によると、株式会社アイネット、株式会社CFSコーポレーション、すてきナイスグループ株式会社、東京急行電鉄株式会社、株式会社分析屋、横須賀商工会議所などが、実証事業への参加を表明している。

 試験は28年2月末まで行われる予定。県では試験中に各社の健康経営における課題を調べ、適切なサービスを導入するよう指導を行う。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

    西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  2. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

    乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  3. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

    海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  4. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  5. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

  6. いま、“歯車講座”に初級コースが開設される理由

  7. 東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

  8. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  9. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  10. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

アクセスランキングをもっと見る

page top