CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より 画像 CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

マネジメント

 神奈川県は10月1日、「CHO構想評価モデル実証事業」を開始する。

 この構想は従業員の健康促進を実践する上で、企業内におけるCHO(Chief Health Officer(健康管理最高責任者))、もしくは担当部署を配置するというもの。その効果を検証すべく、県では実証事業の参加企業を募集していた。

 9月3日の発表資料によると、株式会社アイネット、株式会社CFSコーポレーション、すてきナイスグループ株式会社、東京急行電鉄株式会社、株式会社分析屋、横須賀商工会議所などが、実証事業への参加を表明している。

 試験は28年2月末まで行われる予定。県では試験中に各社の健康経営における課題を調べ、適切なサービスを導入するよう指導を行う。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

    「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  2. 農水省有識者会議、和食文化の継承へ4提案まとめる

    農水省有識者会議、和食文化の継承へ4提案まとめる

  3. トヨタ、グループ世界販売計画を下方修正……「東南アジア厳しい」

    トヨタ、グループ世界販売計画を下方修正……「東南アジア厳しい」

  4. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  5. JR東日本/低炭素開発認証制度に参加/品川車両基地跡開発(東京都品川区)で

  6. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  7. 東京都清瀬市、国交省の多様な入札契約モデルを具体化

  8. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  9. 関東整備局、地質データ情報共有システム構築へ

  10. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

アクセスランキングをもっと見る

page top