煎茶に日本酒たらすと……鮮やかな桃色に! 画像 煎茶に日本酒たらすと……鮮やかな桃色に!

インバウンド・地域活性

 
 埼玉県日高市の茶農家、吉野道隆さん(40)は今月中にも、日本酒で割るとピンク色に変わる煎茶「紫貴婦人(むらさききふじん)」を発売する。お酒を飲めない人もユズなどかんきつ類の果汁を加えれば、ピンク色のフレーバーティーとして味わえる。吉野さんは「見た目がおしゃれな新しい茶の楽しみ方になる」と提案する。

 新芽が黒紫色をした在来種の茶で、20年ほど前に県の試験場から入手した。ただ、煎茶にすると、水色がきれいな黄緑や緑色にならないため、販売方法を模索していた。ヒントになったのは2、3年前、茶に日本酒をこぼし、たちまちピンク色に変わったことだという。

 この茶は通常よりも色素成分アントシアニンが多く、これが日本酒の酸性に反応した。以来、色の変わる茶として製茶方法などを試行錯誤し、商品化にこぎつけた。「紫貴婦人」は30グラム入り1620円で販売する。

 農研機構・野菜茶業研究所の根角厚司上席研究員は「緑色の茶が主力の中、珍しい水色の茶を打ち出すのも、消費の裾野を広げるためには必要だ」と評価する。

日本酒一滴鮮やか桃色 埼玉の農家煎茶発売へ

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

アクセスランキングをもっと見る

page top