少年画報社コミックのインドネシア語版を配信 画像 少年画報社コミックのインドネシア語版を配信

海外進出

今年度末までに約140冊を配信予定
デジタルカタパルト株式会社は、インドネシアを中心に展開する電子書籍ストア「SCOOP(スクープ)」にて、少年画報社の人気コミック5作品の配信を9月18日から始めた。

現在、配信されているのは、平野 耕太の『ドリフターズ』と『HELLSING』、内藤 泰弘の『トライガン・マキシマム』、宮尾 岳の『並木橋通りアオバ自転車店』、ほしのなつみの『キジトラ猫の小梅さん』、の5作品。

いずれの作品も、インドネシア語に翻訳されている。

同社は、2016年3月末までに、少年画報社作品を約140冊、配信する予定だ。

翻訳から配信手続きまでを代行 新規作品のインドネシア進出を積極的にサポート
「SCOOP(スクープ)」は、新聞70紙、雑誌750誌、書籍6万冊を取り扱う、インドネシア最大の電子書籍ストアだ。ユーザーの数は、160万人とも言われている。

同社は、日本窓口として、日本国内の出版社向けの業務を担当している。

今回、インドネシア語版の配信については、同国の出版社PT エレックス・メディアとの協業契約により、スムーズな提供が実現した。

今後、配信を希望する作品についても、インドネシア語版の電子書籍ライセンスを同社へ許諾すれば、インドネシア語に翻訳し「SCOOP」で配信するまでの一連の手続きを代行してくれる。

また、同社は、新規作品のインドネシア進出も積極的にサポートする方針だ。

(画像はプレスリリースより)

デジタルカタパルト 少年画報社の人気コミックのインドネシア語版を「SCOOP」で配信

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  2. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

    ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

  3. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  4. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  7. 西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

  8. マレーシアの家計所得増加、ジニ係数(貧富の差)は改善傾向

  9. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  10. 三洋化成がマレーシアに新拠点…紙オムツ、東南アジアで需要拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top