少年画報社コミックのインドネシア語版を配信 画像 少年画報社コミックのインドネシア語版を配信

海外進出

今年度末までに約140冊を配信予定
デジタルカタパルト株式会社は、インドネシアを中心に展開する電子書籍ストア「SCOOP(スクープ)」にて、少年画報社の人気コミック5作品の配信を9月18日から始めた。

現在、配信されているのは、平野 耕太の『ドリフターズ』と『HELLSING』、内藤 泰弘の『トライガン・マキシマム』、宮尾 岳の『並木橋通りアオバ自転車店』、ほしのなつみの『キジトラ猫の小梅さん』、の5作品。

いずれの作品も、インドネシア語に翻訳されている。

同社は、2016年3月末までに、少年画報社作品を約140冊、配信する予定だ。

翻訳から配信手続きまでを代行 新規作品のインドネシア進出を積極的にサポート
「SCOOP(スクープ)」は、新聞70紙、雑誌750誌、書籍6万冊を取り扱う、インドネシア最大の電子書籍ストアだ。ユーザーの数は、160万人とも言われている。

同社は、日本窓口として、日本国内の出版社向けの業務を担当している。

今回、インドネシア語版の配信については、同国の出版社PT エレックス・メディアとの協業契約により、スムーズな提供が実現した。

今後、配信を希望する作品についても、インドネシア語版の電子書籍ライセンスを同社へ許諾すれば、インドネシア語に翻訳し「SCOOP」で配信するまでの一連の手続きを代行してくれる。

また、同社は、新規作品のインドネシア進出も積極的にサポートする方針だ。

(画像はプレスリリースより)

デジタルカタパルト 少年画報社の人気コミックのインドネシア語版を「SCOOP」で配信

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

    セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

  4. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  5. 都市部と農村の物価格差埋めるミャンマーの新物流、配達地域拡大

  6. 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

  7. 日本で働きたいアジアの大学生のマッチングイベントがインドネシアで開催

  8. マレーシアとタイ、国境フェンス共同建設

  9. ミャンマー・ナショナル航空、国際代理店とパートナーシップ締結

アクセスランキングをもっと見る

page top