国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連 画像 国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

マネジメント

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は、国産、健康、高品質を3本柱に全てのコープ商品(約4000品目)を3年かけて刷新する。柱の一つである国産では、商品の原料に使っている食材へのこだわりがひと目で分かるよう、「国産素材」という統一マークを付ける。新たなブランド戦略と位置付け、国産志向の消費者のニーズをつかむ方針だ。

 日本生協連は、プライベートブランド(PB)であるコープ商品のブランド刷新を6月から始めた。「組合員の声に応えた改善」と「選びやすいデザイン」を重視し、530品目を刷新した。そこで誕生したのが「国産素材」マーク品だ。この他、「ちょっとしたぜいたく」を売りにした商品「コープクオリティ」も売り出した。

 日本生協連によると、6~8月のコープ商品の売り上げが前年同期比2%増と、着実に効果が出ているという。これを受け、この秋をコープ商品刷新の第2弾として、新商品197品、既存商品のリニューアル品171品を発売する。

 うち「国産素材」マークの新商品は42品。「国産素材」マークの新商品は「ふっくら卵のミニオムレツ(そぼろ野菜入り)」(参考価格170円、税別)や「国産原料十六穀ごはんの素」(参考価格462円、同)などがある。

 日本生協連は、新たに健康をキーワードにした商品も売り出す。健康を気遣う消費者ニーズの高まりを受け、食の機能性や栄養価に富む商品に「健康配慮」という統一マークを付けて販売していく。今秋に「健康配慮」マーク品として38品、「コープクオリティ」として9品を発売する予定だ。

国産素材マーク統一 全PB3年かけ刷新 日本生協連

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

    【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  2. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

    設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  3. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

    上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

  4. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

  7. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

  8. コンクリひび割れ抑制する新補強材 戸田建設が薄鋼板使って開発

  9. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  10. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top