松江市立病院ががんセンター建設4件入札公告、10月21日開札 画像 松江市立病院ががんセンター建設4件入札公告、10月21日開札

インバウンド・地域活性

 松江市立病院は15日、「松江市立病院がんセンター建設(建築主体)工事」「同(電気設備)工事」「同(給排水衛生設備)工事」「同(空調設備)工事」の4件の一般競争入札を公示した。いずれも10月20日まで参加申請を受け付け、同21日に入札(開札)する。
 参加資格は、建築主体が建築一式工事に認定されている2~3者によるJV。代表者は松江市内に主たる営業所もしくは職員20人以上を配置する営業所を有し、資格者名簿の総合点数が1200点以上あること、代表者以外は市内業者で、総合点数が951点以上あることなどが条件。
 電気設備は、電気工事で認定されている2~3者によるJVとし、代表者は松江市内に主たる営業所もしくは電気工事施工管理技士(1・2級)を10人以上配置している営業所を有し、資格者名簿の総合点数が900点以上あること、代表者以外は市内業者であることなどが条件。
 給排水衛生設備工事と空調設備工事はともに、管工事で認定されている2~3者によるJVで、代表者は松江市内に主たる営業所もしくは管工事施工管理技士(1・2級)を7人以上配置する営業所を有し、資格者名簿の総合点数が900点以上あることななど、代表者以外は市内業者であることなどが条件。
 がんセンターの規模は、RCおよびS造(耐震構造)3階(塔屋2階、屋上ヘリポート)建て延べ4943平方メートル。建設地は乃白町。工期17年2月28日。設計は小草建築設計事務所が担当した。

松江市立病院/がんセンター建設4件入札公告/10月21日開札

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

  8. 未来を築く地域発イノベーション!静岡県、機能性食品開発プロの成果着々

  9. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top