サイズでオーダーできるオフィス家具、個人事業者向け好調 画像 サイズでオーダーできるオフィス家具、個人事業者向け好調

インバウンド・地域活性

 プラスは個人事業者向けオフィス家具ブランド「ガラージ」で、ユーザーの声を取り入れた商品作りを行っている。ユーザーの「こんなサイズがほしい」という要望をきっかけに、サイズを自由に選べる「サイズオーダー製品」を設定。これまでにテーブルや棚など対応商品を増やし、取扱件数、売り上げともに伸ばしている。今後もユーザー目線の商品展開を進める考えだ。

 ガラージは小規模事業者をコアターゲットにしたブランド。実際は個人が購入の半分程度を占める。オフィス家具の“機能性”とホーム家具の“デザイン性”の「良いところどりをした」(植木和之ガラージ事業部事業部長)のが特徴だ。アイテム数は4000―5000に達する。

 ユーザーの声を拾う仕組みとして、アンケートを実施。「見えないクレームをフォローした」(同)。その中にあった「こんなサイズがほしい」という要望に応え、2011年に始めたのが「サイズオーダー製品」だ。一定範囲で商品の幅や奥行きなどのサイズを選べる。取り扱っているのはテーブルや棚、カウンター、デスクマットなどだ。

 認知度も高まったこともあり、サイズオーダー製品の取扱件数は15年1―6月に前年同期比40%増と好調に推移。売上高はサービス開始時から10倍以上に伸びた。社員の意識も売る立場から「買う人の立場で考えるように変わった」(同)。

 また、ガラージの専用サイトではユーザーが実際に購入し、セッティングした家具の画像を投稿できるコーナーを設けている。空間の使い方や色調などユーザーのこだわりや思いを表現する場として機能する。「ガラージは通常のオフィス家具と比べてユーザーとの距離が近い」(同)。

 アンケートや専用サイトの画像投稿などの取り組みを通じ、ガラージがユーザーに支持されていることに手応えを感じている。

 今後もサイズオーダーの対応製品を増やし、ユーザーニーズに応えていく方針だ。
(文=村山茂樹)

自由にサイズ選べるオフィス家具好調―プラスの個人事業者向けブランド

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 国立アイヌ民族博物館建設、予定地はポロト湖畔周辺

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top