15年産リンゴ出荷は前年並み、潤沢に計画出荷徹底を 全果協 画像 15年産リンゴ出荷は前年並み、潤沢に計画出荷徹底を 全果協

インバウンド・地域活性

 全国果実生産出荷安定協議会(全果協)落葉部会は17日、東京都内で第4回りんご委員会を開き、2015年産の出荷量(主産8道県)を過去6年(09~14年)平均と比べ7%多い37万2498トンと見込んだ。潤沢な出回りだった前年並みの水準で、同委員会は、中生種と晩生種の計画出荷の徹底を確認した。

月別出荷量は11月まで前年比で微増、需要期の12月に前年比8%増の4万6507トンを計画する。主力の青森産の出荷量は29万5400トンと前年並みとなる見通しだ。長野産が4万8181トン、山形産は1万435トン、岩手産は1万トンなど、主力産地の出荷量は山形を除き前年を上回る計画だ。
 今年産の作柄は全般的に良好。複数の台風の接近・上陸や長雨、先週の豪雨など8、9月の異常気象で競合品目の梨や柿に影響が出る中、リンゴは各産地とも大きな被害がなかった。8月下旬からの低温で着色も順調だ。

 既に販売が始まっている「つがる」など早生種の出荷量は前年より2割多かったが、価格は前年並みを維持している(8月時点)。同委員会は「今年産の糖度は各産地とも例年より1高い。品質の良さが価格を維持した」と分析する。

 中生種は、春先の好天で5日程度前進している。大型連休明けには長野県の早場産地から「秋映」の出荷が始まる見込みで、早生種と重なり、量は潤沢になるとみられている。このため、同委員会では、価格が低迷しないよう、リレー販売を意識した出荷の徹底を各産地と再確認した。また、「ふじ」などの晩生種も現時点で生育が5日程度進んでいるという。

15年産リンゴ出荷 前年並み、潤沢に 計画出荷徹底を 全果協

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

    斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  7. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  8. 観光の危機管理、「4つのR」で客と産業を守る

  9. JR北海道、LCC利用者向けフリー切符に道北版を追加へ

  10. くまモン発案、トマト畑トラックに設計ミス!?

アクセスランキングをもっと見る

page top