意外! 8月の百貨店売上高…上旬の猛暑、中下旬の豪雨や台風 画像 意外! 8月の百貨店売上高…上旬の猛暑、中下旬の豪雨や台風

インバウンド・地域活性

 日本百貨店協会は18日、全国百貨店売上高概況の8月分を公表。8月の天候は上旬が猛暑、中下旬が豪雨や台風に見舞われ、業績の行方が不安視されていたが、結果的にはこの天候が奏功した。

 前半は盛夏物、後半は秋冬物の売れ行きが好調となり、業績を押し上げた結果、売上高は総額で4362億円余。前年同月比は2.7%(店舗数調整後)となり、5カ月連続のプラス成長を記録した。

 地区別では主要10都市のうち、仙台を除く9都市で前年同月を上回る売上を記録。ただし、10都市以外の地区については、北海道、東北、関東、中部、近畿で昨年同月に比べて売上減。昨年比で売上が向上したのは中国、四国、九州のみという結果となった。

 商品別では食料品が対前年同月比でマイナス1.1%、家庭用品が同マイナス1.6%。衣料品がほぼ前年並みという結果となった。その一方で身の回り品が5.5%、雑貨が15.6%と大きく増加し、業績をけん引している。

 なお、訪日外国人の売上は引き続き好調さを保ち、購買客数は293%増、売上高は259.6%を記録。これは統計開始以来、単月の数値として過去3番目に高い実績となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  2. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

    【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  3. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

  6. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  7. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  8. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

アクセスランキングをもっと見る

page top