意外! 8月の百貨店売上高…上旬の猛暑、中下旬の豪雨や台風 画像 意外! 8月の百貨店売上高…上旬の猛暑、中下旬の豪雨や台風

インバウンド・地域活性

 日本百貨店協会は18日、全国百貨店売上高概況の8月分を公表。8月の天候は上旬が猛暑、中下旬が豪雨や台風に見舞われ、業績の行方が不安視されていたが、結果的にはこの天候が奏功した。

 前半は盛夏物、後半は秋冬物の売れ行きが好調となり、業績を押し上げた結果、売上高は総額で4362億円余。前年同月比は2.7%(店舗数調整後)となり、5カ月連続のプラス成長を記録した。

 地区別では主要10都市のうち、仙台を除く9都市で前年同月を上回る売上を記録。ただし、10都市以外の地区については、北海道、東北、関東、中部、近畿で昨年同月に比べて売上減。昨年比で売上が向上したのは中国、四国、九州のみという結果となった。

 商品別では食料品が対前年同月比でマイナス1.1%、家庭用品が同マイナス1.6%。衣料品がほぼ前年並みという結果となった。その一方で身の回り品が5.5%、雑貨が15.6%と大きく増加し、業績をけん引している。

 なお、訪日外国人の売上は引き続き好調さを保ち、購買客数は293%増、売上高は259.6%を記録。これは統計開始以来、単月の数値として過去3番目に高い実績となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top