三井住友建設が旧耐震マンション改修…Tボーン耐震改修工法 画像 三井住友建設が旧耐震マンション改修…Tボーン耐震改修工法

インバウンド・地域活性

 三井住友建設は、旧耐震基準で建設されたマンション(東京都港区、1980年竣工)を、独自技術の「Tボーン耐震改修工法」を用いて耐震補強した。バルコニーの外壁面に鉄骨のT字形補強フレーム(Tボーン補強フレーム)を外付けして耐震性を向上させた。居住しながら短期間で耐震補強できる工法として、旧耐震基準のマンションなどを対象に積極的にPRし、補強工事の受注増を目指す。
 同工法は補強フレームをバルコニー側の外壁面に設置して補強フレームと既存建物とを一体化させ、地震時のエネルギーを吸収することで耐震性を向上させる仕組み。耐震性を示す耐震指標(Is値)が0・5以上の建物に有効という。工事のための建築確認申請など法的手続きも不要だ。
 施工は外部からバルコニー内に補強フレームをつり込むことで、大規模な足場が不要になる。住戸内での作業が原則発生しないため、居住しながらの施工が可能。外付けの架構を増設する従来工法と比較すると、工期とコストを低減できる。
 補強フレームが建物の外側に突き出ないので、外観デザインへの影響が小さく、建物周囲の空地が狭くなることもない。施工後も居住空間の快適性や眺望を損ねないのも特徴の一つだ。
 今回、同工法を採用したマンションはSRC・RC造10階建て延べ3608平方メートルの規模。賃貸住戸41戸と貸事務室3室で構成する。同社が耐震改修の設計・施工を担当した。

三井住友建設/旧耐震マンション改修で独自工法/T字鉄骨フレームを外付け

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  6. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

アクセスランキングをもっと見る

page top