東亜建設工業、設計・施工一括でベトナムの冷凍冷蔵倉庫受注 画像 東亜建設工業、設計・施工一括でベトナムの冷凍冷蔵倉庫受注

海外進出

 東亜建設工業は17日、ベトナムで冷凍冷蔵倉庫の新築工事を設計・施工一括で受注したと発表した。施設の建設は、海外需要開拓支援機構(東京都港区、太田伸之社長)、日本ロジテム、川崎汽船が共同出資する「CLKコールド・ストレージ社」がアジアで物流事業を展開する一環として計画した。着工済みで、16年7月の完成を目指す。
 建設地はビンズオン省タンドンヒエップB工場団地。整備する施設は、平屋一部2階建ての倉庫棟と2階建ての事務所棟(いずれも基礎はRC造、上屋はS造)で構成し、総延べ床面積は約8700平方メートル。工期は12カ月。8日にCLKコールド・ストレージ社と工事契約に調印した。
 東亜建設工業は、国内で15年以上にわたり冷蔵倉庫の実績を重ねている。海外でもタイをはじめ東南アジアを中心に実績を積み上げており、施工者を選定する入札でもそうした実績が高く評価されたという。

東亜建設工業/ベトナムで冷凍冷蔵倉庫受注/設計・施工一括で

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. ~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由

  7. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  8. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  9. ホンダ・マレーシア、年明けから一部モデル値上げ…通貨下落影響

  10. TPP政府調達分野、越・ブルネイ・マレーシアで公開入札対象拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top