国交省が木造先導型事業で6件採択、整備費補助、技術普及後押し 画像 国交省が木造先導型事業で6件採択、整備費補助、技術普及後押し

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、「サステナブル建築等先導事業(木造先導型)」(15年度第1回募集分)で民間事業者などが提案した6件を採択した。木造・木質化の先導的技術を用いた事業に整備費などの一部を補助することで、木造建築技術の普及啓発に役立てる。採択案件は、東日本大震災で被災した中心市街地の再開発や2020年東京五輪開催を見据えたスポーツ練習場など、「民間事業者ならではの斬新(ざんしん)な計画」(住宅局)となっている。

 サステナブル建築物等先導事業は、低炭素化、健康、災害時の継続性、少子化対策などに対応した住宅・建築物のリーディングプロジェクトについて民間から提案を募り、それを支援することで持続可能な社会の形成を図るのが狙い。

 本年度にスタートした事業で、「省エネ・省CO2」と「木造・木質化」の二つの部門がある。木造・木質化部門は、10~11年度の「木のまち整備促進事業」(合計18件支援)、12~14年度の「木造建築技術先導事業」(合計20件支援)を引き継いだもので、補助対象となるのは民間事業者や地方自治体による提案。木造化・木質化に関連する調査設計費の2分の1、木造化・木質化による建設工事費の増額分も2分の1を補助する。

 今回採択されたのは、▽(仮称)ポラスグループ建築技術訓練校新築工事▽防火地域に新築される小学校の校舎および体育館の木質化についてのプロジェクト▽(仮称)新豊洲ランニングスタジアム▽(仮称)セルフ片山・新潟屋団地店新築工事▽(仮称)真菰の里▽石巻中心市街地再生町屋スタイル推進プロジェクトーの6件。これらの大半は、基本設計が完了し、実施設計に移行する前段階で同事業による支援を受けようと提案された。

 6件に対する補助限度額は合計で3億5902万円に上り、設計に要する費用や案件によっては建築基準法に基づく大臣認定を取得するための実験費用などに充てられる。

 石巻中心市街地再生では、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市の中心市街地で1階のRC造の店舗と2~5階の木造軸組み工法による住宅を組み合わせた複合施設を計画。震災の被災地で地域の中小工務店でも対応可能な木造の耐火建築を実現させることで全国各地の再開発への波及を促す。

 防火地域に新築される小学校の校舎および体育館の木質化は、大阪府豊中市の防火地域に建設される小学校で、S造ながら内外装を視覚的に大規模な木造校舎・体育館とするプロジェクトだ。

 新豊洲ランニングスタジアムは、20年のパラリンピックに向けて東京の臨海地域に計画された。工場加工によりユニット化した6角形架構を現場で組み上げ、アーチ形状の屋根を形成する構法を採用。ユニークな外観と工法で木造をアピールする注目施設となりそうだ。

 このほかのプロジェクトでも、事務所、店舗、特別養護老人ホームとさまざまな木造建物に先導的な技術を取り込んでいる。
 評価委員会での各採択案件に対する講評は、「木を活かす建築推進協議会」のホームページ(http://www.kiwoikasu.or.jp/index.php)に掲載されている。

 《15年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)プロジェクト(第1回募集分)》
 (〈1〉建築主〈2〉用途〈3〉建物規模〈4〉設計者〈5〉施工者〈6〉補助限度額)

 ▽(仮称)ポラスグループ建築技術訓練校新築工事(埼玉県越谷市)=〈1〉住宅資材センター〈2〉事務所〈3〉3階建て延べ1371m2〈4〉〈5〉ポラテック〈7〉5105万円
 ▽防火地域に新築される小学校の校舎および体育館の木質化についてのプロジェクト(大阪府豊中市)=〈1〉森友学園〈2〉学校〈3〉3階建て延べ5678m2〈4〉キアラ建築研究機関、梅沢建築構造研究所〈5〉未定〈6〉6194万円
 ▽(仮称)新豊洲ランニングスタジアム(東京都江東区)=〈1〉太陽工業〈2〉スポーツ練習場〈3〉平屋1745m2〈4〉E.P.A環境変換装置建築研究所〈5〉未定〈6〉7890万円
 ▽(仮称)セルフ片山・新潟屋団地店新築工事(新潟市)=〈1〉片山商事〈2〉店舗〈3〉2階建て延べ2868m2〈4〉K&K建築設計〈5〉フェニックスホーム〈6〉6556万円
 ▽(仮称)真菰の里(三重県菰野町)=〈1〉悠和会〈2〉特別養護老人ホーム(定期巡回・随時対応型訪問介護看護施設)〈3〉2階建て延べ1307m2〈4〉はりゅうウッドスタジオ〈5〉未定〈6〉5550万円
 ▽石巻中心市街地再生町家スタイル推進プロジェクト〈立町二丁目4番地区〉(宮城県石巻市)=〈1〉石巻中心市街地再生まちづくり再開発協議会〈2〉店舗、共同住宅、宿泊施設〈3〉5階建て延べ1733m2〈4〉まちづくりカンパニー・シープネットワーク、都市建築設計集団/UAPP〈5〉未定〈6〉4607万円
日刊建設工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 中部縦貫道・高山清見道路上野第二トンネル工事、市街地の渋滞緩和や物流効率化へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 富裕層インバウンドの法則その4

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top