消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望 画像 消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望

制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会は9月17日、2016年度の税制改正要望を発表した。焦点の自動車・環境税制では、17年4月に予定されている消費税率10%への引き上げ時に「自動車税」の引き下げなどを求めた。

また、その時点では一定の環境性能車以外に課している「自動車重量税」の「当分の間税率」を廃止、本則税率に戻すよう要望している。重量税については、今後自動車関係税制を簡素な体系に見直すなかで廃止すべきとも訴えている。

一方、総務省が導入を企図している「環境性能課税」については「新たな負担であり、対象を限定すべき」とした。自工会の池史彦会長は17日の記者会見で税制要望に関して「消費税の10%引き上げ時には、消費低迷など国内経済への大きな影響が予想される」と指摘。個人消費の大きなウェートである「自動車需要の下支えが必要」と強調した。

自工会池会長「自動車需要支える税制に」…16年度税改正要望発表

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  2. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

    東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  3. 【3Dプリンターと製造業:5】ものづくり補助金で選ばれる事業とは?

    【3Dプリンターと製造業:5】ものづくり補助金で選ばれる事業とは?

  4. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  7. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  8. 【健康経営が生む新ビジネス:1】“チャットで健康相談”にニーズ

  9. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  10. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top