消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望 画像 消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望

制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会は9月17日、2016年度の税制改正要望を発表した。焦点の自動車・環境税制では、17年4月に予定されている消費税率10%への引き上げ時に「自動車税」の引き下げなどを求めた。

また、その時点では一定の環境性能車以外に課している「自動車重量税」の「当分の間税率」を廃止、本則税率に戻すよう要望している。重量税については、今後自動車関係税制を簡素な体系に見直すなかで廃止すべきとも訴えている。

一方、総務省が導入を企図している「環境性能課税」については「新たな負担であり、対象を限定すべき」とした。自工会の池史彦会長は17日の記者会見で税制要望に関して「消費税の10%引き上げ時には、消費低迷など国内経済への大きな影響が予想される」と指摘。個人消費の大きなウェートである「自動車需要の下支えが必要」と強調した。

自工会池会長「自動車需要支える税制に」…16年度税改正要望発表

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  5. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

  6. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  7. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  8. 成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

  9. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  10. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

アクセスランキングをもっと見る

page top