消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望 画像 消費増税時には自動車税減税を!…自工会、16年度税改正要望

制度・ビジネスチャンス

日本自動車工業会は9月17日、2016年度の税制改正要望を発表した。焦点の自動車・環境税制では、17年4月に予定されている消費税率10%への引き上げ時に「自動車税」の引き下げなどを求めた。

また、その時点では一定の環境性能車以外に課している「自動車重量税」の「当分の間税率」を廃止、本則税率に戻すよう要望している。重量税については、今後自動車関係税制を簡素な体系に見直すなかで廃止すべきとも訴えている。

一方、総務省が導入を企図している「環境性能課税」については「新たな負担であり、対象を限定すべき」とした。自工会の池史彦会長は17日の記者会見で税制要望に関して「消費税の10%引き上げ時には、消費低迷など国内経済への大きな影響が予想される」と指摘。個人消費の大きなウェートである「自動車需要の下支えが必要」と強調した。

自工会池会長「自動車需要支える税制に」…16年度税改正要望発表

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 福岡市の簀子小跡地活用、6月下旬に民間事業者アイディア公募

    福岡市の簀子小跡地活用、6月下旬に民間事業者アイディア公募

  2. 鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

    鶏ムネ肉、2割高で推移/高い健康性、スーパーの販売好調!

  3. 【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

    【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

  4. 流動食市場は頭打ち、在宅・施設用「やわらか」食が伸びる――高齢者向け食品市場

  5. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  6. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  7. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  8. 米粉ブーム本物! 取扱量が前年を上回る/グルテンフリー食品が人気

  9. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  10. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top