貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者 画像 貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者

インバウンド・地域活性

国土交通省は、日本バス協会が実施している「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で、貸切バス事業者安全性評価認定委員会が、安全確保への取り組み状況が優良な474の貸切バス事業者を認定したと発表した。

2015年度の認定事業者の内訳は、三ツ星が180事業者、二ツ星が83事業者、一ツ星が211事業者。これで総認定事業者数は779者、車両数が2万0079両となった。貸切バス事業者全体に占める割合は事業者数で17%、車両数が41%。

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取り組み状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするのが目的。制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上、取り組みの促進を図るとともに、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与するため、日本バス協会が実施している。

認定事業者は、運行する貸切バスの車体や自社のホームページなどに「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを掲示し、認定事業者であることをPRすることが可能。

貸切バス事業者安全性評価制度で474者を新たに認定

《あかいまさはる》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top