貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者 画像 貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者

インバウンド・地域活性

国土交通省は、日本バス協会が実施している「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で、貸切バス事業者安全性評価認定委員会が、安全確保への取り組み状況が優良な474の貸切バス事業者を認定したと発表した。

2015年度の認定事業者の内訳は、三ツ星が180事業者、二ツ星が83事業者、一ツ星が211事業者。これで総認定事業者数は779者、車両数が2万0079両となった。貸切バス事業者全体に占める割合は事業者数で17%、車両数が41%。

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取り組み状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするのが目的。制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上、取り組みの促進を図るとともに、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与するため、日本バス協会が実施している。

認定事業者は、運行する貸切バスの車体や自社のホームページなどに「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを掲示し、認定事業者であることをPRすることが可能。

貸切バス事業者安全性評価制度で474者を新たに認定

《あかいまさはる》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を

    学校施設の複合化……5つのポイント重視し効果的・効率的な施設・設備を

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  4. 大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  10. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

アクセスランキングをもっと見る

page top