貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者 画像 貸切バス事業者安全性評価、三ツ星は180事業者

インバウンド・地域活性

国土交通省は、日本バス協会が実施している「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で、貸切バス事業者安全性評価認定委員会が、安全確保への取り組み状況が優良な474の貸切バス事業者を認定したと発表した。

2015年度の認定事業者の内訳は、三ツ星が180事業者、二ツ星が83事業者、一ツ星が211事業者。これで総認定事業者数は779者、車両数が2万0079両となった。貸切バス事業者全体に占める割合は事業者数で17%、車両数が41%。

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取り組み状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするのが目的。制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上、取り組みの促進を図るとともに、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与するため、日本バス協会が実施している。

認定事業者は、運行する貸切バスの車体や自社のホームページなどに「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを掲示し、認定事業者であることをPRすることが可能。

貸切バス事業者安全性評価制度で474者を新たに認定

《あかいまさはる》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  7. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top