自動車部品の独KSPG、チェコに小型ピストンの生産工場開設 画像 自動車部品の独KSPG、チェコに小型ピストンの生産工場開設

海外進出

4500平方メートルの生産エリア
自動車部品サプライヤーであるドイツのKSPGは10日、グループ会社のMSモーターサービス・インターナショナルが、小型ピストンの生産工場をチェコ・ハバジョヴィツェに開設したと発表した。

この新工場は5万平方メートルの敷地に建設され、工場は4500平方メートル生産エリアを有する。現在、42人の従業員が採用されており、さらに2015年末までに60人規模に、その後も順次増やしていく予定。

チェコ北西部に3つの生産拠点を保有
KSPGは1998年、コルベンシュミット社とピエルブルグ社が合併し、発足。MSモーターサービス・インターナショナルは主にアフターマーケット用の自動車部品を手掛けており、コルベンシュミット社はピストンを開発・製造している。

ピエルブルグ社は、排ガス循環部品や2次エアシステム、排気ガスフラップの生産を行っている。これらグループ会社でチェコ北西部に3つの生産拠点を保有。ウースチーにあるコルベンシュミット社のピストン工場は、1995年から生産活動が行われている。

小型ピストン1200万個を生産
今回新たに開設されたハバジョヴィツェ新工場では、グローバル市場に向けてハイテクなピストンが生産される。将来的に1200万個のピストンが生産される予定。

小型シリーズのピストン生産には、複雑な製造工程を必要とするため、近隣にあるグループ会社の工場との協業が生産活動を行う上で大きなメリットになるとしている。

正確な数字は明らかにされていないが、新工場建設には、1000万ユーロ以上の投資が行われたようだ。ウースチー地域への投資額は、2004年から総額約1億3000万ユーロにものぼるという。

(画像はプレスリリースより)

独KSPG、チェコに小型ピストンの生産工場を開設

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 豊田通商が東南アジアのライドシェア大手、グラブに資本参加

    豊田通商が東南アジアのライドシェア大手、グラブに資本参加

  2. ブドウ用の新しい緩衝材、輸送中のロス率を抑える/輸出にも期待

    ブドウ用の新しい緩衝材、輸送中のロス率を抑える/輸出にも期待

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. 串カツ田中、シンガポールに東南アジア1号店

  5. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  6. バリ島の絶景撮影スポット、旅好きが決めたランキング上位は?

  7. 健康食品の需要でシンガポールが日本を上回る!年間購入日は2万円以上に

  8. マレーシア国際家具見本市2016、中国ら中心に出展予約好調

  9. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  10. ESCAP、アジア太平洋地向け自然災害時用ポータルサイト開始

アクセスランキングをもっと見る

page top