8月2日「オートパーツの日」…自動車アフター業界活性化 画像 8月2日「オートパーツの日」…自動車アフター業界活性化

マネジメント

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)は、8月2日が「オートパーツの日」として日本記念日協会に承認されたことを発表した。

「オートパーツの日」を制定した由来は、8月(August)を「オート」、8月2日を「パーツ」と語呂合わせしたのだという。毎年8月2日前後にオートパーツのアップグレード及び消耗品の点検・交換促進を訴求し、安心かつ楽しいカーライフを啓発することを目的とする。

同振興会も加盟するオートアフターマーケット活性化連合(AAAL)による記念日制定は、自動車用品小売業協会が4月28日を「ヨイツヤ」、11月28日を「イイツヤ」と語呂合わせし制定した「洗車の日」に続き2件目。

8月2日を「オートパーツの日」に制定…自動車アフター業界活性化へ

《徳田龍磨》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

    外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  2. 佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

    佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

  3. 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

    中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

  4. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

アクセスランキングをもっと見る

page top