高齢者による空き家管理業など4事業、北九州市の支援事業に採択 画像 高齢者による空き家管理業など4事業、北九州市の支援事業に採択

インバウンド・地域活性

 北九州市が「いきいき健康・生活応援!新サービス創出事業」の採択事業を決定した。高齢者による空き家活用など4事業が採択され、事業化に向けた支援が行われる。

 この事業は2013年に策定された北九州市新成長戦略に基づいたもので、高齢者を中心とした健康・生活支援ビジネスの推進を図るもの。健康づくりや高齢者サポート、子育て支援、女性や若者の雇用促進などのための新事業プランを募集していた。

 今回採択されたのはエステイト・フェニックスの「アクティブシニアによる『空き家管理・活用サービス』in北九州」、ソルネットの「ウェアラブル機器を活用した生活習慣改善支援サービス」、団らん処 和菜屋の「在宅高齢者の食生活改善・生活支援に向けた宅配等事業」、SAKUの「北九州発祥ポン菓子機を使った、新感覚商品の開発販売」の4事業。

 エステイト・フェニックスの事業は高齢者による低価格空き家管理サービス事業で、空き家問題と高齢化問題を同時に解消することを狙う。ソルネットの事業はウェアラブル端末によりユーザーの活動量を記録し、フィットネスクラブのサービスや社員の健康管理に役立てるというもの。和菜屋の事業は手作り総菜の宅配に加え、宅配先の高齢者の見守りや安否確認、生活必需品の買い物などをセットで提供する。SAKUは新しいポン菓子の開発をめざす。

 採択された事業案には助成金が出され、事業化をめざして進められる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top