都市部と農村の物価格差埋めるミャンマーの新物流、配達地域拡大 画像 都市部と農村の物価格差埋めるミャンマーの新物流、配達地域拡大

海外進出

遠くまで買い物に行く不便を解消
社会問題を解決するソーシャルビジネスに特化したボーダレス・ジャパンは15日、今年2月に開始した物流事業「BORDERLESS LINK(ボーダレス・リンク)」の配達地域が12村に拡大したと発表した。

ボーダレス・リンクとは、今年2月よりミャンマーで開始された事業である。同国の農村部は、僻地になるほど物流コストがかさむことから、都市部より商品の価格が高くなる傾向がある。また、買い物をするために長時間歩かなければならないなど、不便を強いられているのが現状である。

都市部と変わらない価格で買い物が可能に
買い物による不便を解消するため、同社は、大量仕入れと自社物流により、都市部と変わらない価格で商品を提供している。また、商品がない村においては、ショップを開設して村人が直接買い物できる場を提供している。

12の農村、約700世帯が同社の恩恵を受けており、買い物の利便性は向上したほか、生活費は10%程度削減された。

同社は、村ごとの事情に応じて新たな事業も開始している。小口の金融サービスである「マイクロファイナンス」や、生産物の買い取りなどを実施し、農村部の利便性向上に努めている。

(画像はプレスリリースより)

農村部の買い物を便利に!物流事業の配達地域を12村に拡大へ 

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 五洋建設、マダガスカルで港湾工事初受注/トアマシナ港

    五洋建設、マダガスカルで港湾工事初受注/トアマシナ港

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  5. 住友商事、インドネシアのオートファイナンス事業の資本再編へ

  6. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  7. 五洋建設、シンガポールで大型港湾土木工事受注/JVで総額1210億円

  8. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  9. 国交省、米国向けインフラ輸出に本腰/160兆円市場、メンテナンスとPPPに商機

  10. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

アクセスランキングをもっと見る

page top