滋賀県が米原駅前でSOHOオフィス入居者募集 月額2万2600円から 画像 滋賀県が米原駅前でSOHOオフィス入居者募集 月額2万2600円から

インバウンド・地域活性

 滋賀県が運営する「米原SOHOビジネスオフィス」が新入居者を募集する。募集区画数は6区画で、月額利用料は2万2600円~2万6500円。

 米原SOHOビジネスオフィスは、JR米原駅前県立文化産業交流会館4階にある、個人または小規模事業者向けのオフィススペース。創業5年未満のSOHO事業者で、県知事の承認を受けた者が入居できる。

 オフィススペースは独立タイプで24時間利用可能。インターネット接続環境も用意されている。共用スペースとしてミーティングスペースなどがあるほか、常駐するインキュベーションマネージャーによる経営への助言、専門家の紹介といった支援を受けることができる。

 今回募集対象となる区画は17.25~20.19平米。募集締め切りは10月9日で、11月1日以降に入居が可能になる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

page top