滋賀県が米原駅前でSOHOオフィス入居者募集 月額2万2600円から 画像 滋賀県が米原駅前でSOHOオフィス入居者募集 月額2万2600円から

インバウンド・地域活性

 滋賀県が運営する「米原SOHOビジネスオフィス」が新入居者を募集する。募集区画数は6区画で、月額利用料は2万2600円~2万6500円。

 米原SOHOビジネスオフィスは、JR米原駅前県立文化産業交流会館4階にある、個人または小規模事業者向けのオフィススペース。創業5年未満のSOHO事業者で、県知事の承認を受けた者が入居できる。

 オフィススペースは独立タイプで24時間利用可能。インターネット接続環境も用意されている。共用スペースとしてミーティングスペースなどがあるほか、常駐するインキュベーションマネージャーによる経営への助言、専門家の紹介といった支援を受けることができる。

 今回募集対象となる区画は17.25~20.19平米。募集締め切りは10月9日で、11月1日以降に入居が可能になる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top