横浜ゴム、小型トラック・バス用リトレッドにLT151RとiceGUARD iG91を追加 画像 横浜ゴム、小型トラック・バス用リトレッドにLT151RとiceGUARD iG91を追加

マネジメント

横浜ゴムは、耐摩耗性重視型リブタイヤ「LT151R」と氷雪上性能重視型スタッドレスタイヤ「iceGUARD iG91」を小型トラック・バス用リトレッドタイヤのラインアップに追加し、2015年10月より発売する。

発売サイズは205/85R16 117/115Lと195/85R16 114/112Lの2サイズで、今後順次サイズ拡大を図る予定。価格はオープンプライス。

リトレッドタイヤは使用済みタイヤのトレッド部分を新しいトレッドに張り替えて再利用するタイヤで、3R(Reduce:省資源、Reuse:資源循環、Recycle:資源再生)の観点から高い環境保全効果が期待できる。また、運輸・輸送業界では燃料費などコストの削減と、地球温暖化防止など環境経営のレベルアップが大きな課題となっており、リトレッドタイヤの需要が高まっている。

「LT151R」と「iceGUARD iG91」は、いずれも昨年発売され好評を博した小型トラック・バス用タイヤ。今回発売のリトレッドタイヤは、新品タイヤのオリジナルパターンと同様のトレッドを採用。「LT151R」は「Lライトニンググルーブ」「高剛性4本リブ」「ステルスサイプ」などにより優れた耐摩耗性能に加え、操縦安定性やウェット性能を高いレベルでバランスさせている。「iceGUARD iG91」は「高密度サイプ配置」「ピラミッドサイプ」「千鳥配置ブロック」「4本ストレートグルーブ」がエッジ効果や排雪・排水性を向上し、氷雪上性能を十分に確保。また、転がり抵抗を低減することで省燃費性能も高め、安全性とコスト削減に貢献する商品となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  3. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  4. 建設業の経営環境の悪化懸念広がる…全建会員調査で

  5. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  6. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  7. 日建連、生産性向上の4本柱を検討

  8. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  9. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  10. 今後15年で沖縄を除くほとんどの地域で乗用車保有台数は減少する――野村総研

アクセスランキングをもっと見る

page top