横浜ゴム、小型トラック・バス用リトレッドにLT151RとiceGUARD iG91を追加 画像 横浜ゴム、小型トラック・バス用リトレッドにLT151RとiceGUARD iG91を追加

マネジメント

横浜ゴムは、耐摩耗性重視型リブタイヤ「LT151R」と氷雪上性能重視型スタッドレスタイヤ「iceGUARD iG91」を小型トラック・バス用リトレッドタイヤのラインアップに追加し、2015年10月より発売する。

発売サイズは205/85R16 117/115Lと195/85R16 114/112Lの2サイズで、今後順次サイズ拡大を図る予定。価格はオープンプライス。

リトレッドタイヤは使用済みタイヤのトレッド部分を新しいトレッドに張り替えて再利用するタイヤで、3R(Reduce:省資源、Reuse:資源循環、Recycle:資源再生)の観点から高い環境保全効果が期待できる。また、運輸・輸送業界では燃料費などコストの削減と、地球温暖化防止など環境経営のレベルアップが大きな課題となっており、リトレッドタイヤの需要が高まっている。

「LT151R」と「iceGUARD iG91」は、いずれも昨年発売され好評を博した小型トラック・バス用タイヤ。今回発売のリトレッドタイヤは、新品タイヤのオリジナルパターンと同様のトレッドを採用。「LT151R」は「Lライトニンググルーブ」「高剛性4本リブ」「ステルスサイプ」などにより優れた耐摩耗性能に加え、操縦安定性やウェット性能を高いレベルでバランスさせている。「iceGUARD iG91」は「高密度サイプ配置」「ピラミッドサイプ」「千鳥配置ブロック」「4本ストレートグルーブ」がエッジ効果や排雪・排水性を向上し、氷雪上性能を十分に確保。また、転がり抵抗を低減することで省燃費性能も高め、安全性とコスト削減に貢献する商品となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

    地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. 設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

  5. 竹中工務店、プレミアムセイフティビル提案推進

  6. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  7. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  8. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

  9. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  10. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

アクセスランキングをもっと見る

page top