小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用 画像 小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用

マネジメント

 小売店が誘客ツールとして、書籍売り場を活用している。良品計画は4日に改装オープンした旗艦店の無印良品有楽町(東京都千代田区)に、商品とともに関連する書籍を並べた売り場「MUJIブックス」を全3フロアに設けた(写真)。ローソンは28日から約1000店舗に専用の書籍棚を順次導入し、書籍販売を拡大していく。

 無印良品有楽町では、食や素材などに関連した暮らしのヒントになる書籍約2万冊をそろえた。MUJIブックスを設けるのは、MUJIキャナルシティ博多(福岡市博多区)に続き、2件目だ。

 選書を担当した編集工学研究所(東京都世田谷区)の松岡正剛所長は「ツイッターなどで言葉を紡ぐ人は増えている。一方でボキャブラリーは貧困になっており、書籍が力を持つのではないか」と語る。

 ローソンの書籍専用棚には、小説や雑学の文庫本やビジネス書など、約75アイテムを並べる。店外の看板でも書籍を扱っている旨を表示する。

 通常の店舗では、コミックを除く書籍の取り扱いは約10―20アイテムだが、2014年6月から一部店舗に専用棚を導入して書籍を販売したところ、雑誌と書籍の合計売上高は約1割増えた。ポイントサービス「ポンタ」による購買分析では、書籍購入者の再来店率は通常より約20ポイント高かったという。

 インターネットの普及やネット販売、電子書籍の普及で、書店の数は減少傾向だ。こうした中、書籍を気軽に手に取って選べる場を提供して差別化を図る戦略だ。

書店じゃないところで、本が客を呼ぶ。無印良品・ローソン書籍専用棚導入

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 人口減少社会では生産性向上で経済成長を…石井国交相

    人口減少社会では生産性向上で経済成長を…石井国交相

  2. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

    日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  3. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  4. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  5. 10万円からのマイナンバー対策……CTCが準備パッケージを提供開始

  6. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  7. 本日の新聞から:ホンダがタカタを切った背景

  8. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  9. 拡大するハラール食品市場…複雑な認証体制のポイントとは?

  10. ヘルスケア業界向け「営業スキル強化プログラム」登場

アクセスランキングをもっと見る

page top