小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用 画像 小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用

マネジメント

 小売店が誘客ツールとして、書籍売り場を活用している。良品計画は4日に改装オープンした旗艦店の無印良品有楽町(東京都千代田区)に、商品とともに関連する書籍を並べた売り場「MUJIブックス」を全3フロアに設けた(写真)。ローソンは28日から約1000店舗に専用の書籍棚を順次導入し、書籍販売を拡大していく。

 無印良品有楽町では、食や素材などに関連した暮らしのヒントになる書籍約2万冊をそろえた。MUJIブックスを設けるのは、MUJIキャナルシティ博多(福岡市博多区)に続き、2件目だ。

 選書を担当した編集工学研究所(東京都世田谷区)の松岡正剛所長は「ツイッターなどで言葉を紡ぐ人は増えている。一方でボキャブラリーは貧困になっており、書籍が力を持つのではないか」と語る。

 ローソンの書籍専用棚には、小説や雑学の文庫本やビジネス書など、約75アイテムを並べる。店外の看板でも書籍を扱っている旨を表示する。

 通常の店舗では、コミックを除く書籍の取り扱いは約10―20アイテムだが、2014年6月から一部店舗に専用棚を導入して書籍を販売したところ、雑誌と書籍の合計売上高は約1割増えた。ポイントサービス「ポンタ」による購買分析では、書籍購入者の再来店率は通常より約20ポイント高かったという。

 インターネットの普及やネット販売、電子書籍の普及で、書店の数は減少傾向だ。こうした中、書籍を気軽に手に取って選べる場を提供して差別化を図る戦略だ。

書店じゃないところで、本が客を呼ぶ。無印良品・ローソン書籍専用棚導入

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

    建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  5. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  6. トヨタ紡織の通期決算は営業益12.4%増

  7. 【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1)

  8. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  9. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  10. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

アクセスランキングをもっと見る

page top