住友電工、タイの交通管制システムメーカーとITS分野で提携 画像 住友電工、タイの交通管制システムメーカーとITS分野で提携

海外進出

住友電気工業は、タイのジーニアス・トラフィック・システムとタイでITS(高度道路交通システム)分野で協業することで合意した。

ジーニアスは、交通信号灯器・信号制御機や、道路情報板など、交通管制システム用機器を製造する大手メーカーで、長年にわたってバンコクやタイ地方都市への納入実績がある。

住友電工は、車両感知器から収集した交通データを一元的に管理・解析して信号制御を実行する交通管制センターをバンコクに構築するため、今回ジーニアスと協業することで合意した。

住友電工が日本で培ってきた高度な交通管制システムアルゴリズムを適用することで、交通渋滞の低減や、交通管制システム分野の社会インフラ整備が継続的に行われるよう、地元当局へ共同で働きかけていく。

また、住友電工が提案し、国際協力機構(JICA)に採択された「タイ・バンコクにおける渋滞問題改善のための交通管制システムの維持・管理技術普及促進事業」は、ジーニアスの協力を得ながら事業を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. “クリントン大統領

    “クリントン大統領"で日本経済へ最大のリスクはTPP

  2. マレーシア・エアラインがAOC取得完了 イメージ刷新へ

    マレーシア・エアラインがAOC取得完了 イメージ刷新へ

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. タイとインドネシアのトラック市場、回復の兆し

  5. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  6. 三井不動産がタイ・バンコク市で4200戸供給

  7. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  8. バンコクの日系企業向けサービスオフィス、投資の伸びを追風に

  9. ミャンマーへの海外からの投資が拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top