出産、結婚などの「内祝い」…「お米」が人気上昇中 画像 出産、結婚などの「内祝い」…「お米」が人気上昇中

ライフ

 出産や結婚などの内祝い品として米を贈るケースが出てきた。米穀店などがインターネット販売を中心に仕掛け、人気が上昇中だ。包装に赤ちゃんの写真を印刷したり、贈る相手の名前を入れたりと、注文にきめ細かく応じている点が受けている。米消費が伸び悩む中、ユニークな販売手法で贈答需要をつかんでいる。

東京都目黒区の米穀店「スズノブ」は、子どもが生まれた時の体重と同じ重さの米を袋に詰めて贈る「赤ちゃん米」を販売している。容量は1グラム単位で調節できる。従来は3カ月に1度のペースだったが、約4カ月前からネットで受け付けを開始し、週1度のペースで注文が入るようになった。


米袋メーカーに特注している無地の袋には、注文した人が選んだ写真やイラストを載せられる。「母子ともに健康です」などのメッセージも入れられる。西島豊造社長は「遠くに住む両親や親しい友人などに贈る人が多い。同じ重さの米をプレゼントすることで、赤ちゃんを抱っこしている気分になれる」とPRする。

中に入れる米は、全国の産地と共同で生産に取り組む米「スズノブプロジェクトライス」の中から、客が好きなものを選ぶ。西島社長は「米の品質で違いを出せるのも、米穀店ならではの強みだ。これから取り組む業者が増えるのではないか」とみる。

主に贈答用の米をネット販売する「八代目儀兵衛」(京都市)は、内祝い用の商品が売り上げ全体の7割を占める。出産内祝いで利用する人が特に多い。内祝い用の米のセットは、1000円から3万円台まである。12種類のブレンド米を2合(1合142グラム)ずつ、色とりどりの風呂敷で包んだ十二単(ひとえ)シリーズ「満開」(3.6キロ5000円=税別)が最も人気を集めている。

メッセージカードや写真を無料で米と一緒に梱包(こんぽう)するサービスも、客から好評だ。同社ブランド戦略室の松下祐マネジャーは「内祝いで米を贈ってもらえば、幅広い世代に食べてもらえる」と期待する。

百貨店大手の三越伊勢丹は、ネットの内祝い向け商品の人気ランキングで、米が牛肉つくだ煮に次いで2位に入った。子どもの出生時の体重と同じ重さの新潟・魚沼「コシヒカリ」を詰め、和風の包装で飾る。ラベルには赤ちゃんの名前や誕生日、体重を明記できる。価格は5400円。同社は「年齢を問わず贈りやすい商品のため、人気ランキングの上位にきている」とみている。(市来丈、鈴木薫子)

出産、結婚・・・ 内祝いに米いかが 赤ちゃんと同じ重さ、写真・名前入り袋

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 人に勧める百貨店は伊勢丹、では自分の満足度が高いのは?

    人に勧める百貨店は伊勢丹、では自分の満足度が高いのは?

  2. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  3. 竹中工務店のシンガポール超高層ビルが米アワードで最優秀作品賞

    竹中工務店のシンガポール超高層ビルが米アワードで最優秀作品賞

  4. スポーツ庁発足に向け「学校健康教育課」が移転

  5. 3世代同居をターゲットにしたビジネスにチャンス!?

  6. 「熟成肉」の製法定めJAS認定を農水省検討 

  7. 文科省、いじめ対策など小・中・高校の人権教育の実践事例55例をネット公開

  8. 出店開業したい飲食ジャンル1位は? 出店予算は増加傾向

  9. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

アクセスランキングをもっと見る

page top