【回転窓】災害復旧、どうぞご安全に 画像 【回転窓】災害復旧、どうぞご安全に

インバウンド・地域活性

 記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊した2日後の12日午前。大きな被害に見舞われた茨城県常総市内を取材していた時、冠水で不通となった鉄道の線路を歩く年配のご夫婦に会った。浸水した家には帰れず、何かしらの情報を集めようと二人で歩き始めたのだという▼ご夫婦が住む地域に泥水が流れ込んできたのは午後7時過ぎ。堤防が決壊してからかなりの時間がたっているが、ご主人は「田んぼにたまった水が一気に流れ出たんだ」と話していた▼洪水は、何の前触れもなく突然襲ってくる地震とは異なる。「どこまで水が来ているのか情報もなく、『断水しています』『避難して下さい』だけでは逃げようがない」と奥さん。タオルで隠した唇が震えているように見えた▼自分たちの家に近づくこともできない状況で周りから「復旧へ」と言われてもすぐには考えが及ばない被災者もおられよう。だが、まずは安全を確保し、生活再建への一歩を踏み出すためにもインフラの復旧が急がれる▼先週の大雨で洪水被害が発生した茨城、宮城などの被災地では、きょうも多くの人が復旧工事に携わる。どうぞご安全に。

回転窓/災害復旧、どうぞご安全に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

アクセスランキングをもっと見る

page top