「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3% 画像 「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

マネジメント

 10月からスタートする「マイナンバー制度」への対応として、準備が完了している中小企業は1.3%に留まるという調査結果が明らかとなった。

 国民に番号を割り振り、年金や納税等の情報を一元管理する「マイナンバー制度」。ソリマチ株式会社では今回、全国の中小企業・個人事業者1540名を対象として、8月下旬から9月上旬にかけて、同制度への対応状況に関するリサーチを実施した。

 「『マイナンバー制度』への対応を進めていますか?」との問いに対し、「完了している」と回答した事業者はわずか1.3%。「取り組んでいる」「始めたばかり」との回答も合計19%に留まり、中小企業・個人事業者の同制度への取り組みが円滑に進んでいない事が分かる。

 また「『マイナンバー制度』についてご存知ですか?」との問いには、62%が「大体知っているが詳細はわからない」と回答。「十分知っている」との回答は8%のみとなり、制度自体の周知も未だ行き届いていないのが現状のようだ。

 同制度への対応に費やす概算予算について、具体的な金額で最も多かったのは「3万円未満」。「企業にとってメリットを感じない」「面倒と感じて対応が後回しになる」というコメントも寄せられており、中小企業・個人事業者がマイナンバー制度に対応するメリットが見いだせない現状が浮き彫りになっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 茨城県の橋本昌知事、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に全面協力

    茨城県の橋本昌知事、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に全面協力

  3. 住商が物流施設開発強化、年間300億円投資、新ブランド積極提案

    住商が物流施設開発強化、年間300億円投資、新ブランド積極提案

  4. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  5. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  6. 男性社員の育児参加後押し…大成建設が「パパ通信」や座談会

  7. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  8. ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

  9. ルノー日産連合はどう生まれた? 死去の元日産会長・塙氏の決断

  10. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

アクセスランキングをもっと見る

page top