都心の3次元写真データ提供へ…カメラ5台で撮影 画像 都心の3次元写真データ提供へ…カメラ5台で撮影

インバウンド・地域活性

 パスコは、航空機に搭載した最新のデジタルカメラ(オブリークカメラ)で撮影した画像の加工データの提供を今月中に始める。提供するのは高精度な航空写真から自動生成される3次元空間写真データ(3D-TINモデル)で、範囲は東京の山手線内と東京湾岸エリアを中心に半径10キロ圏を含む東京都心地区。価格は0・5平方キロメートル当たり5万円(税込み)からとなる。都市開発の基本構想の段階などのさまざまな事業フェーズで活用できるという。
 オブリークカメラは五つのカメラで構成し、直下だけでなく、その前後左右の画像を同時に取得できるのが特徴。斜め方向を含めて重なり合った画像(多重ラップ画像)から高解像度画像や、広範囲な3次元空間情報を作成することが可能だ。
 今回提供する3D-TINモデルは、オブリークカメラで取得した多重ラップ画像と撮影時に取得する3次元座標値を基に自動処理したデータ。
 航空写真から生成される緻密な立体形状は、コンピューター画面上で建物の壁面や起伏のある傾斜面を、自由な視野角で再現する。体積計測や斜距離での計測といった平面図からは読み取れない箇所を、レベル500(水平位置と標高の絶対座標値の誤差が0・25メートル以内)から1000(水平位置の絶対座標値の誤差が0・7メートル以内、標高の絶対座標値の誤差が0・33メートル以内)という高精度な3次元測量座標値として取得できる。
 開発検討段階の3次元CAD/CGなどの設計データを取り込み、周辺の地形と重ね合わせて表示することも可能で、バーチャルリアリティーによる景観検討や環境アセスメント、斜面地の土量算定、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)など幅広い分野に活用できる。
 提供するデータフォーマットはOSG形式(OBJ形式、COLLADA形式などのフォーマットにも変換可)。
 同社は利用者が希望するエリアの画像提供も行う。オプションサービスとして航空写真画像(オブリーク撮影オリジナルデータ) も1平方キロメートル当たり1万5000円(税込み)で提供する。

パスコ/都心の3次元写真データ提供/開発基本構想など活用可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

    西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  4. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  5. 魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

  6. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 八重洲二丁目北地区再開発/事務所やホテルのほか区立小学校の新校舎も

  10. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

アクセスランキングをもっと見る

page top