ネット・モバイル契約に関する苦情減らず 画像 ネット・モバイル契約に関する苦情減らず

IT業務効率

 総務省は15日、電気通信消費者相談センターおよび総合通信局等において受け付けた、電気通信サービスに関する利用者からの苦情・相談について、データを公表した。

 それによると、2014年度における苦情・相談数は6,952件。前々年度受付件数(6,811件)、前年度受付件数(7,012件)と比べてほぼ横ばいとなっている。ピークとなった2008年度(10,943年)からは減少傾向が続いているが、近年はほぼ横ばいといえる。内訳は、電気通信消費者相談センターの受付件数が4,757件、総合通信局等の受付件数が2,195件だった。

 内容面では、前々年度・前年度に続き「電気通信事業者との契約・提供条件に関するもの」がトップ。件数では、前々年度804件、前年度644件から、2014年度は1,049件と大幅に増加した。そのほかでは「電気通信サービスのサービス品質に関するもの」「電話勧誘等営業活動に関するもの」が増加している。

 「電気通信事業者との契約・提供条件」に関するトラブルとしては、「申し込んだ覚えがないのに、光回線サービスの契約先が変更された。新たな契約先は、光回線の卸売を利用したサービスを提供している」「契約期間が2年間という説明を受けたが、自動更新されるとは知らなかった」「説明された覚えのないオプション料金を請求された」といった例が紹介されている。

 総務省では、引き続き、電気通信事業者等に対して必要に応じて指導・要請等を行うとしている。なお今年5月には、電気通信事業法の改正が成立しており、今後は消費者保護ルールが強化される予定。

電気通信サービスに対する苦情・相談、「契約内容」に関する比率が増加

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

    「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  2. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  3. 大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

    大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

  4. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. 三井住友建設、スマホ使いPC橋の計測・管理を省力化/専用アプリで機器を自動制御

  7. 滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始

  8. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

アクセスランキングをもっと見る

page top