ネット・モバイル契約に関する苦情減らず 画像 ネット・モバイル契約に関する苦情減らず

IT業務効率

 総務省は15日、電気通信消費者相談センターおよび総合通信局等において受け付けた、電気通信サービスに関する利用者からの苦情・相談について、データを公表した。

 それによると、2014年度における苦情・相談数は6,952件。前々年度受付件数(6,811件)、前年度受付件数(7,012件)と比べてほぼ横ばいとなっている。ピークとなった2008年度(10,943年)からは減少傾向が続いているが、近年はほぼ横ばいといえる。内訳は、電気通信消費者相談センターの受付件数が4,757件、総合通信局等の受付件数が2,195件だった。

 内容面では、前々年度・前年度に続き「電気通信事業者との契約・提供条件に関するもの」がトップ。件数では、前々年度804件、前年度644件から、2014年度は1,049件と大幅に増加した。そのほかでは「電気通信サービスのサービス品質に関するもの」「電話勧誘等営業活動に関するもの」が増加している。

 「電気通信事業者との契約・提供条件」に関するトラブルとしては、「申し込んだ覚えがないのに、光回線サービスの契約先が変更された。新たな契約先は、光回線の卸売を利用したサービスを提供している」「契約期間が2年間という説明を受けたが、自動更新されるとは知らなかった」「説明された覚えのないオプション料金を請求された」といった例が紹介されている。

 総務省では、引き続き、電気通信事業者等に対して必要に応じて指導・要請等を行うとしている。なお今年5月には、電気通信事業法の改正が成立しており、今後は消費者保護ルールが強化される予定。

電気通信サービスに対する苦情・相談、「契約内容」に関する比率が増加

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. メンテナンス時期をメールで知らせる、日本キャタピラーの新サービス

    メンテナンス時期をメールで知らせる、日本キャタピラーの新サービス

  2. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  3. 建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

    建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

  4. KTCがオートサービスショーでオイル、ブレーキフルード、LLCの交換実演

  5. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  6. かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

  7. 建設11団体が賀詞交歓会、建設業再生に一丸

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 【外食ビジネスウィーク2015】スマートウォッチでPOS……飲食店で現場スタッフの効率化を追求

アクセスランキングをもっと見る

page top