人型ロボットの需要が拡大!? 仏製「NAO」のレンタル事業開始 画像 人型ロボットの需要が拡大!? 仏製「NAO」のレンタル事業開始

インバウンド・地域活性

 オリックス・レンテックと日本サード・パーティは15日、フランスのロボット開発会社Aldebaran Robotics製の人型ロボット「NAO」の法人向けレンタルサービスを開始した。

 レンタル料金は3日間で10万円、1週間で15万円、2週間で20万円、1カ月間で30万円。オプションのエンジニアリングサービスは5万円からとなる。

 企業や店舗、各種イベントの受付、接客での利用のほか、学校や企業内でプログラミング研修用教材など、さまざまな用途の利用を想定。会話などをプログラムする技術者の派遣や、技術者の育成サービスにも対応する。

 人型ロボットと言えばソフトバンクの「Pepper(ペッパー)」が、製品発表当初から話題を集めている。企業の受け付けや店舗・イベントでの接客などで、「Pepper」を利用するケースも増えているようだ。

 レンタルとはいえ、「NAO」も市場投入が進むということは、それだけ人型ロボットに対する需要が高まっていることがうかがえる。国産の人型ロボットが街中をにぎわせる日も、そう遠いことではなさそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 竹中工務店、鉄筋工事BIMソフト開発、手戻りなど防止

  6. “ワルのり”でヒット、広島発スナックがふるさと名品部門賞受賞

  7. クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中

  8. ファッションアイテムとして定着……国内メガネ市場、4年連続でプラス成長

  9. 渋谷・銀座のビルの屋上で農業!? 野菜や米収穫、商品化も

  10. ブリヂストン、東京都小平市の社有地再構築で300億円投資

アクセスランキングをもっと見る

page top