伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む 画像 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

マネジメント

 加工食品業界2位の伊藤ハムと同7位の米久は15日、両社取締役会で共同持株会社の設立を決定。経営統合基本契約書を締結し、経営統合すると発表した。

 今回の経営統合は業界での競争力向上を目的としたもの。伊藤ハムは食肉事業で牛肉・豚肉に強みを持ち、生産・物流・販売拠点を全国的に展開する。一方の米久は、豚肉・鶏肉に強みを持ち、関東・東海地方に生産拠点を持つ。こうした両社の強みを高め、弱みを補完することで、生産・販売力を高めるほか、生産から販売までのサプライチェーン全体で稼働率の向上を図る。

 また、スケールメリットの増大をいかし、原材料をはじめとした外部調達品の調達コストを抑制。原価を低減させつつ収益の増大を目指す。加えて、両社が持つ物流・間接機能を再編成し、効率化を徹底的に追求。それと同時に、新商品の開発力や取引先への提案力を強化する。

 今回の経営統合により、国内業界トップは日本ハムで変わりないものの、ハム・ソーセージ事業の売上では伊藤ハム・米久がシェア1位になる見通し。業界に与える影響は小さくない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

    ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  6. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  7. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  8. 10万円からのマイナンバー対策……CTCが準備パッケージを提供開始

  9. 重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

  10. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

アクセスランキングをもっと見る

page top