伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む 画像 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

マネジメント

 加工食品業界2位の伊藤ハムと同7位の米久は15日、両社取締役会で共同持株会社の設立を決定。経営統合基本契約書を締結し、経営統合すると発表した。

 今回の経営統合は業界での競争力向上を目的としたもの。伊藤ハムは食肉事業で牛肉・豚肉に強みを持ち、生産・物流・販売拠点を全国的に展開する。一方の米久は、豚肉・鶏肉に強みを持ち、関東・東海地方に生産拠点を持つ。こうした両社の強みを高め、弱みを補完することで、生産・販売力を高めるほか、生産から販売までのサプライチェーン全体で稼働率の向上を図る。

 また、スケールメリットの増大をいかし、原材料をはじめとした外部調達品の調達コストを抑制。原価を低減させつつ収益の増大を目指す。加えて、両社が持つ物流・間接機能を再編成し、効率化を徹底的に追求。それと同時に、新商品の開発力や取引先への提案力を強化する。

 今回の経営統合により、国内業界トップは日本ハムで変わりないものの、ハム・ソーセージ事業の売上では伊藤ハム・米久がシェア1位になる見通し。業界に与える影響は小さくない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  2. 食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

    食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

  3. 【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

    【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

  4. 第10次卸売市場整備基本方針で研究会、経営戦略の確立を

  5. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  6. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  7. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  8. 空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

  9. 大成建設、都内で女子中高生ターゲットに見学会

  10. やりがいある飲食企業1位にスタバ、その秘密は?

アクセスランキングをもっと見る

page top