伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む 画像 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

マネジメント

 加工食品業界2位の伊藤ハムと同7位の米久は15日、両社取締役会で共同持株会社の設立を決定。経営統合基本契約書を締結し、経営統合すると発表した。

 今回の経営統合は業界での競争力向上を目的としたもの。伊藤ハムは食肉事業で牛肉・豚肉に強みを持ち、生産・物流・販売拠点を全国的に展開する。一方の米久は、豚肉・鶏肉に強みを持ち、関東・東海地方に生産拠点を持つ。こうした両社の強みを高め、弱みを補完することで、生産・販売力を高めるほか、生産から販売までのサプライチェーン全体で稼働率の向上を図る。

 また、スケールメリットの増大をいかし、原材料をはじめとした外部調達品の調達コストを抑制。原価を低減させつつ収益の増大を目指す。加えて、両社が持つ物流・間接機能を再編成し、効率化を徹底的に追求。それと同時に、新商品の開発力や取引先への提案力を強化する。

 今回の経営統合により、国内業界トップは日本ハムで変わりないものの、ハム・ソーセージ事業の売上では伊藤ハム・米久がシェア1位になる見通し。業界に与える影響は小さくない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

    靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

  2. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

    保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

  3. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  4. 鹿児島県薩摩川内市、コンベンション施設の基本計画・設計に着手

  5. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  6. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  7. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  9. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

アクセスランキングをもっと見る

page top