「敬老の日」調査、60代の親へのギフト市場は健康がトレンド!? 画像 「敬老の日」調査、60代の親へのギフト市場は健康がトレンド!?

ライフ

 生活情報誌を発行するオレンジページは15日、「親世代の健康意識・親への贈り物」調査の結果を発表した。

 同調査は、同社が運営するリサーチコミュニティ「オレンジページくらし予報」の会員のうち、60代の親を持つ女性を対象に実施した。その結果によると、「自分の親は健康に気を使っている・やや気を使っている」という回答が82%、「親が週1回以上運動をしている」という回答が52%に及んだ。なお、運動の内容を尋ねると、「散歩」35.5%と「ウォーキング」17.4%が抜きんでて多かった。

 親も含めてこうした60代のシニア世代に対するイメージを尋ねると、「健康情報に関心が高い」45%、「旅行が好き」44%、「趣味を持っている」42%、「日頃から運動している」32%といった項目が上位に挙がった。

 そこで、「親に今後、贈ってみたいもの」を尋ねたところ、「旅行(旅行券)」44.1%、「活動量計」40.5%、「食事会」34.8%、「健康サポート器具」30.4%、「家電」24.4%が上位となった。同時に、「これまで贈ったことのあるもの」を質問すると、「花」73.9%、「お菓子」70.2%、「酒類」59.2%、「食事会」46.5%、「旅行(旅行券)」25.8%が上位となった。

 親がどのようなことに関心を持ち、取り組んでいるのかを意識すると、贈り物の内容が大きく変わることがわかった。21日の「敬老の日」はもちろん、「母の日」「父の日」「誕生日」など、子から親への贈り物の機会はさまざまだが、ギフト業界では「子から親への贈り物」市場において、“健康・運動”というキーワードが新たなビジネスチャンスを呼びそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

    ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  2. 国交省が「DiMAPS」本格運用、被害情報をウェブ地図に集約

    国交省が「DiMAPS」本格運用、被害情報をウェブ地図に集約

  3. 和食の味、チョコでも…キットカットに外国人向けに日本酒味

    和食の味、チョコでも…キットカットに外国人向けに日本酒味

  4. 横浜建協・横浜ケンジローが女子高生らにPR ゆるキャラGP控え

  5. ラグビー五郎丸選手「日本代表が強くなった要因」

  6. 「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

アクセスランキングをもっと見る

page top