水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明 画像 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

制度・ビジネスチャンス

ダメージカー買取のタウは、9月10日から発生した台風17・18号により被災した車両の買取に積極対応すると発表した。

損害保険会社および現地自動車ディーラーへのヒアリングによると、北関東および東北地域を襲った台風の影響により水害を受けた車両は、およそ6000台と想定される。一般的に、室内に浸水しエンジンが掛らない状態の水害車両は、修理に100万円以上かかるケースが多く、ディーラー等では下取り価格も付かないため、被災者には大きな経済負担となる。

同社はこれまでにも、広島県土砂災害(2014 年)、滋賀・京都府豪雨水害(2013 年)、九州北部豪雨(2012年)などで発生した水害車両を迅速かつ高額で買い取りしてきた。その実績は、3災害で計516台、平均買取金額21万円だという。

同社では、今回の災害においても、復旧作業の妨げとなる水害車両の保管モータープール設置や、売却を検討しているユーザーからの24時間相談窓口を設置するなど、水害車両の迅速な引き取りと高価買取にて、被災地の復旧および被災者の経済的救済に貢献していく。

【台風17・18号】水害車両は約6000台、タウが高額買取で被災者を支援

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

    成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  3. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  4. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  7. 鹿島火力2号機が着工。最新鋭の石炭火力発電施設

  8. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  9. くら寿司、今度はカレー……なぜサイドメニューに力を入れるのか? 田中邦彦社長

  10. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

アクセスランキングをもっと見る

page top