水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明 画像 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

制度・ビジネスチャンス

ダメージカー買取のタウは、9月10日から発生した台風17・18号により被災した車両の買取に積極対応すると発表した。

損害保険会社および現地自動車ディーラーへのヒアリングによると、北関東および東北地域を襲った台風の影響により水害を受けた車両は、およそ6000台と想定される。一般的に、室内に浸水しエンジンが掛らない状態の水害車両は、修理に100万円以上かかるケースが多く、ディーラー等では下取り価格も付かないため、被災者には大きな経済負担となる。

同社はこれまでにも、広島県土砂災害(2014 年)、滋賀・京都府豪雨水害(2013 年)、九州北部豪雨(2012年)などで発生した水害車両を迅速かつ高額で買い取りしてきた。その実績は、3災害で計516台、平均買取金額21万円だという。

同社では、今回の災害においても、復旧作業の妨げとなる水害車両の保管モータープール設置や、売却を検討しているユーザーからの24時間相談窓口を設置するなど、水害車両の迅速な引き取りと高価買取にて、被災地の復旧および被災者の経済的救済に貢献していく。

【台風17・18号】水害車両は約6000台、タウが高額買取で被災者を支援

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  2. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  3. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 絶対回収するすごい方法!

  6. 【マイナンバーアンケート調査2】マイナンバー、どの業界が一番予算を使っている?

  7. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  8. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  9. 中央公契連の低入札価格、調査基準モデルに国交省の改正基準

  10. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

アクセスランキングをもっと見る

page top