水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明 画像 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

制度・ビジネスチャンス

ダメージカー買取のタウは、9月10日から発生した台風17・18号により被災した車両の買取に積極対応すると発表した。

損害保険会社および現地自動車ディーラーへのヒアリングによると、北関東および東北地域を襲った台風の影響により水害を受けた車両は、およそ6000台と想定される。一般的に、室内に浸水しエンジンが掛らない状態の水害車両は、修理に100万円以上かかるケースが多く、ディーラー等では下取り価格も付かないため、被災者には大きな経済負担となる。

同社はこれまでにも、広島県土砂災害(2014 年)、滋賀・京都府豪雨水害(2013 年)、九州北部豪雨(2012年)などで発生した水害車両を迅速かつ高額で買い取りしてきた。その実績は、3災害で計516台、平均買取金額21万円だという。

同社では、今回の災害においても、復旧作業の妨げとなる水害車両の保管モータープール設置や、売却を検討しているユーザーからの24時間相談窓口を設置するなど、水害車両の迅速な引き取りと高価買取にて、被災地の復旧および被災者の経済的救済に貢献していく。

【台風17・18号】水害車両は約6000台、タウが高額買取で被災者を支援

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【おおさか地域創造ファンド:3】公的な“お墨付き”を活用する

    【おおさか地域創造ファンド:3】公的な“お墨付き”を活用する

  2. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  3. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

    どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  4. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  5. 【おおさか地域創造ファンド:4】町工場が作るピクルスの味は?

  6. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  7. 自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割

  8. ~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

  9. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  10. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

アクセスランキングをもっと見る

page top