本日の新聞から:HVからPHVシフトが加速……欧州勢が相次ぎ投入 画像 本日の新聞から:HVからPHVシフトが加速……欧州勢が相次ぎ投入

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年9月15日付

●新日鉄住金へ和解金300億円、技術盗用韓国ポスコ協議(読売・1面)

●高速2車線→4車線容易へ拡幅第三者委が判断へ、常磐道など検討(読売・8面)

●エコカー市場欧州勢PHVで攻勢(読売・8面)

●中国経済停滞続く固定資産投資、15年ぶり低水準(読売・9面)

●消費税還付導入困難に、きょう税制協議、与党内、強い反発(産経・1面)

●全日空のスター・ウォーズ機「R2-D2」がお迎え(産経・10面)

●東証・名証 東芝株、特設注意指定に、違約金計1億円も請求(東京・7面)

●アボット豪首相辞任、党首選で敗北、後任にターンブル氏(日経・1面)

●任天堂社長に君島常務「カリスマの次」は銀行出身。トロイカ体制へ(日経・3面)

●ドイツで国際自動車ショー(日経・8面)


ひとくちコメント

先週、フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンが、主力車『ゴルフ』の「プラグインハイブリッド車(PHV)」を国内でも発売したこともあるが、欧州車メーカーが相次いで家庭用電源で充電できるPHVを日本市場に投入するという。

朝日や産経などに次いで、きょうも読売が「欧州勢PHVで攻勢、ゴルフなどHVに対抗」などと、経済面のトップ記事で報じている。クリーンディーゼルエンジンの記事も同様だが、最近のエコカー新車情報は、欧州勢のエコカーの話題が際立っている。

それも各紙とも取り上げるパターンはほぼ同じ。国内メーカーの多くがハイブリッド車(HV)に力を入れていることからも、そのHVが大きなシェアを占める日本市場を引き合いに出して、ディーゼルやPHVが「次世代の環境対応車(エコカー)として普及するか注目される」(読売)との見方をしている点だ。

そんな中、ドイツでは2年に1度のフランクフルト国際自動車ショーが9月17日から一般公開される。きょうの日経によると「欧州の厳しい環境規制が本格化するなか、ホスト役の欧州勢を中心にPHVなどエコカーの出展が増える。インターネットとつながる車や自動運転車も注目だ」と伝えている。今回のショーでは世界初公開の車が210モデルにのぼることも興味深い。

【新聞ウォッチ】欧州勢のHV攻略、ディーゼルに続きPHVも相次ぎ投入

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  3. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

    今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  4. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  9. 人型ロボットの需要が拡大!? 仏製「NAO」のレンタル事業開始

  10. 新宿ミラノ座再開発、12月に東急建設が解体着手

アクセスランキングをもっと見る

page top